【SPOONの使い方】スプーン初心者歓迎!ラジオアプリ徹底攻略

 2018/11/26 4.毎日の楽しみ方
この記事は約 15 分で読めます。

毎日SPOON(スプーン)というソーシャルラジオアプリを3時間以上使っている楓音です。

なぜかハマってしまった「声好きの、声好きのためのSPOONの使い方」を、これから始める初心者さんにもわかりやすく解説します!

SPOONについて知らない方はこちらも参考に▽

登録方法

SPOON登録

まずはアプリかPCかで利用登録をする必要があります。

登録は3つの方法から選べます。

  • 電話番号+パスワード
  • Twitterアカウントで登録
  • Facebookアカウントで登録

僕はTwitterアカウントで登録しました。

Twitterで登録しても、アカウント情報が利用されるだけで、ユーザー名も変更できますし、プロフィール画像も後から変更が可能です。

ということは、TwitterやFacebookで登録しても、他の人にアカウント情報の関連はバレないことになります。

3つのうち、どれで登録しても大丈夫です。

視聴方法

まずは、他の配信者さん(スプーンでは「DJ」といいます)の放送を聞いてみましょう。放送を聞くリスナーのことを、スプーンでは「スプナー」といいます。

リスナー(スプナー)としてできること

配信を聞く側の「スプナー」ですが、スプーンの中では3つの視聴モードがあります。

  1. LIVE
  2. CAST
  3. TALK

LIVEは、生配信のラジオをリアルタイムで聞けるモードです。一番人気。

CASTは、配信者の録音音声や、LIVEの録音データを聞けるモードです。

TALKは、配信者と「声」で繋がれるモードで、お題に沿って声を投稿することができます。

僕は基本的にLIVEをゆるーく聞きながら楽しんでいます。

どんな番組を聞いたらいいのかわからなかったら、ランキングから見るといいかも?

  • 人気ライブDJ⇒ライブ内でもらったスプーン数上位ランキング
  • 人気キャストDJ⇒キャスト内でもらったスプーンの数上位ランキング
  • BEST CAST⇒キャストのハート+総再生時間上位ランキング

となっています。

LIVE配信に入室せずに、試し聞きをする方法

配信者リスト

試し聞きの方法は、アプリで聴いてみたい配信タイトルやサムネイルを長押しです。

LIVEは、配信者の生放送の部屋(枠といいます)に入室することになるので、配信中の枠に入ると、「参加者リスト」に表示されてしまいます。

配信中のDJさん(枠主といいます)にも、「○○さんが入室しました!」という通知が入ることになります。

スプナーとしては、どんな声かわからずに入室して気まずい思いをしたくない…という方もいると思うので、試し聞きの方法を覚えておきましょう。残念ながら、PC版では試し聞きモードはありませんでした…。

アイコンの意味は?

再生画面に書いてあるアイコンの説明です。

  • ヘッドホンマーク:リアルタイム視聴人数
  • ハートマーク:枠でもらったハートの数(視聴開始1分後にハート押せます。)
  • 人のマーク:その枠開始から現在までの総視聴者数(枠は最長2時間)

他のDJのファンになるメリット

SPOONでは、「FAN(ファン)」という形で、他のDJさんをフォローできます。

スプーン内では、「ファンポチしました!(つまり、フォローしました)」とか言う風に使われています。

ファンになっておくと、お気に入りのDJが配信を開始すると即通知が来たり、相手の「FANボード」という掲示板に書き込めるようになります。

課金方法は?(投げ銭の方法)

応援したいDJがいたら、応援したいと感じるかもしれません。

気に入った配信者に出会えた時は、まずコメント右側のハートを押してみましょう。(入室1分後にコメント欄の右側に出現して、1枠につき1回だけ押せます)

スプーン課金

ハート以上に応援したかったら、投げ銭ができる課金アイテム(スタンプ)を使いましょう。スタンプは、最低1スプーンから使えます。新規登録すると、すべての人に2スプーンが与えられますが、すぐに使い切ってしまうと思います。

スプーン(課金アイテム)の価格

スプーンが足りなかったら、日本円で購入することになります。だいたい1スプーン12円という値段設定です。Androidの方は、1スプーンが10円になります。この手ごろな課金制度もスプーン人気の秘訣なのかもですね!

僕が見た最高の課金者は、とあるDJさんに10000スプーン課金されていました。10000スプーン=12万円ってすごいですね(笑)

参考:後述しますが、10000スプーン投げ銭してもらっていると、DJさんが現金に還元すると4万円(日本円)の収入になります。声や配信内容が良いとDJで稼げる…!

スプーンをたくさん投げると、ランキングの「トップファン」に入れます。トップファンはスプーンを投げた数によって毎日順位が決まります。

コメで荒らしがいる場合は通報しよう

SPOONの荒らし通報の方法

好きなDJさんのラジオを聞いているのに、なんだか変なコメントでDJさんを困らせる「荒らし」がごく少数ですがいらっしゃいます。

気持ちとしては、「好きな女の子をあえて困らせる少年の心理」なのだと思うのですが、DJさんが対応に困っているように思えるのはすごく残念。

ということで、そんな場面に遭遇したらコメントを長タップして運営に報告しましょう。

一定時間に多くの人から通報があると、SPOON運営の方で直接モニタリングしてくるようです。

 

マネージャーにしてもらったら

スプーンのマネージャー

スプナーの中で、枠主から「マネージャー」にしてもらうことがあります。

マネージャーは、音声では登場しないものの、チャット内容を取りまとめたり、枠内での雰囲気を健全に保ったりと、第二のDJさんのような役割になります。

今まで僕が見てきたマネージャーのなかで、うまいなぁと思ったのが、こんな感じのことをやる方。

  • 新規入室者に挨拶と歓迎
  • どんなラジオ枠なのかの告知(定期コメント流し)
  • 流れている音楽/歌っている楽曲のタイトルやアーティストの入力
  • 話している内容の要約
  • マナーの悪いスプナーを強制退室させる

少し忙しいかもしれないですが、スプナーでありながら他のスプナーが居心地よくなる工夫や、DJさんのサポートができるといいかもしれないですね(^^♪

基本的にDJさんがマネージャーを指定したりしますが、「マネージャーやりましょうか?」とあなたの方から聴けば、よっぽどマナーの悪いリスナーで無ければマネージャーさんにしてもらえると思います(笑)

DJ側からしても、自分の配信枠のマネージャーさんになってくれるのは嬉しいものです。

寝落ちタイマーの有効的な使い方

好きな配信者の声を聞きながら眠りにつきたい…という時に使えるのが、寝落ちタイマーです。10分後~90分後から選択できます。

しかし、SPOONでは1回の配信が最高2時間と決まっているので、あまり寝落ちタイマーとしては使えない印象です(笑)

SPOONはバックグラウンド再生も対応しているので、自動で音声を終了させたい時にタイマーを使うといいかもしれないですね。

配信方法

「いつも聞いているだけじゃつまらない!自分でも配信してみたい!」とあなたが思ったら、DJデビューをしてみましょう。

配信者(DJ)としてできること

DJがいるからこそ、SPOONが盛り上がっているんだと思います。あなたの声や話を待っている人がいるはず。

DJとしては、こんなことができます。

  • ラジオの配信(1回のライブは最長2時間)
  • 配信音声のミュートオンオフ
  • LIVE音声の録音をしてCASTに保存するかの選択
  • フリーズさせてコメント欄の凍結
  • 参加者の強制退室、マネージャーの選出

DJは、単純にラジオ音声を届けるだけ。意外とリスナーよりできることは少ないです。

配信してみると、結構面白くて「スプーンで配信してくなってしまう心理」についても書いてみました。

野良配信とファン配信の違い

SPOONのLIVE機能の中では、「野良配信(ノーマル配信)」と「ファン配信」が選べます。

野良配信とは、入室制限を設けないで、誰でも入れる枠で配信すること。

ファン配信は、自分のファンにになってくれている人だけに配信するLIVEです。

ファンが少ないのにファン配信をしてしまうと、あたりまえですが誰も聞いてくれません(笑)

タグの付け方

LIVE配信をする前に「関連タグ」というのを設定できるのですが、現在検索以外にタグ一覧を見られる機能が無いので、あまりこだわらなくていいと思います。

しかし、話す予定の内容・DJの特徴を示すタグで入れておくことで、若干検索からの流入を期待できるかもしれません。「雑談」「アニメ」「恋愛」とか、「JK」「男子」とかですね。

調べた結果、「雑談」のタグの登録が一番多いようでした。「ラジオ」タグも多いですね。

BGM音楽流す方法は?

BGMを流すのは、配信用のSPOON端末のバックグラウンドアプリで何か音楽を再生するか、別端末(PC含む)で再生する2つの方法があります。

iPhoneでやる場合、iOSに付属のミュージックアプリだと再生できないという報告があります。

配信用の端末で同時に流す場合は、再生音量を1か2(かなり小さい音)で設定します。

そうしないと、BGM音量が大きすぎて会話の声が入りづらくなってしまうからですね(;’∀’)

SPOON配信用端末+他の端末で音楽再生の場合も、音量はあまり大きくせずに再生する方がいいでしょう。スプナーさんに「BGM大きすぎませんか?」と聞いてみるのが、一番わかりやすいと思います。

強制退出させるには?

コメント欄を荒らす人がいたら、あなたの配信枠のイメージを保つためにも「強制退出」をする必要があるかもしれません。

あなたの配信枠で、誰がスプナーになっているかは、その他のスプナーさんにも影響します。

荒らしが一人でも入っていると、「DJさんはいいけどスプナーが合わないから退出しよう」ということにもなってしまうので、うまく強制退出機能も活用していきましょう!

たまに下ネタとか女子に言わせたい男子がいるんですよ…やめていただきたい(´;ω;`)

コラボ配信の方法

SPOONでのコラボ配信は、SPOON以外の通話アプリを「別端末」で使って通話します。(2018年11月現在、同端末で通話しながらSPOON配信はできない様子)

LINE電話や、Skype、ZOOM(下の記事を参考)、Discordなどが使いやすいと思います。他の人と電話している音声をSPOONで配信する感じです。

コラボ配信時に注意したいのは、上のBGMの流し方でも書いたことですが、会話音声がどれほどスプナーに届いているのかを直接聞くことです。

BGMと違って、コラボ配信の時はあなたの声と他のDJの声を同じくらいの音量で流すのが理想です。

人が来ない!

配信をしてみたのに、リスナー(スプナー)が誰も来てくれない…という悩みは多いと思います。

スプーンは「声で繋がるSNSラジオ」なので、やはり一番武器になるのは声の質ですよね。

声が大衆受けすれば、何度か配信している間にファンもどんどん増えてくるはずです。声だけでも、「雑談枠」「うたってみた枠」「朗読枠」などで売り出せます。

配信内容の工夫

しかし、声だけで売り出せない場合は、ラジオ内容を工夫してみましょう。たとえば、今まで見てきた中でこんな面白い枠で人気だった方がいらっしゃいました。

  • 恋愛相談枠
  • 英語解説枠
  • ピアノやウクレレなどの楽器枠

どれも、声の配信は必須ですが、声だけで勝負する雑談枠よりかは「やること」がある分、内容に惹かれるものです。

配信タイトルとサムネイル画像の工夫

あと、何よりファンが増えるまでは、「ライブ配信タイトル」を伝わりやすいものにしましょう。

ファンが誰もいないのに、「スプーンで雑談」とか「てきとー」とかいう何も考えていないようなタイトルだと、初見さんはあまり魅力を感じません。こういうタイトルでも人が来るのは、よっぽど声のいい人か、固定ファンが沢山いるDJです…。

ここで、リスナーが来やすいタイトルのテンプレートを紹介します。「誰が」と「何を」を入れるように意識してみましょう。

たとえば、

  • 17歳JKが恋の悩みを聞いてほしい枠
  • 大阪の40歳イケボ(自称)がとにかくツッコむ
  • ランチ中だけどデートの極意話す

とかですかね(笑)

あとは、「初心者歓迎」「出入り自由」「忙しい人OK」など、どんな人に聞いてほしいか書くのもリスナーさんが増える工夫です。

配信時のサムネイル(写真やイラスト)も、リスナー数を決める要素です。

あなたを識別しやすいものか、配信内容に関係ある画像を設定しましょう。加工した自撮り写真や、似顔絵画像などはわかりやすくて好印象だと思います。

自由度が高いスプーンだからこそ、この辺りの「売り出し力」も必要になってきます。

配信を始めたものの、人が来ないことで悩んでおられたら、「タイトル」「写真」を工夫してみましょう、ということでした。

使ってみて気になったQ&A

使ってみて気になった点や、知っておくと良いところをQ&A方式でまとめてみました。

PCとアプリどっちがいい?違いは?

SPOONは、PC(ブラウザ)でも、iOSやAndroidのスマホやタブレットでアプリを使うことによっても楽しめます。

ただ、PC版だと、TALKの機能が使えません。LIVEとCASTはPCでもアプリ版でも同じです。

年齢層は?

10代後半~25歳くらいまでが多い印象です。男性と女性だと、女性の方が多いような気もします。

若い人だと中学生くらいで配信されている方もいらっしゃいます。「テスト勉強」という話のネタが懐かしいです…(笑)

で、DJになっている人は「かまってほしい」とか「人と繋がっていたい」という気持ちの方が多い印象です。リスナーになってコメントでいろいろ交流すると、喜んでもらえますよ!

サービスの評判は?

AppStoreとPlayストアのレビューを見ると、大半は良い評価で、リスナーの質も悪くないと評判です。

しかし、コラボ配信の機能が無い制限に不満を持つハードユーザー層からの評価は、機能追加を求める声がありました。

あとは、「入室したことをDJに知らされるのが嫌」というコメントも多かったので、この辺りは好き嫌いが分かれるところだと思います。

僕個人としては、コメントが無くても話してくれるDJさんの配信枠に入れば、特にコメントもせずに聞き専でいても問題ないです。(無理にコメントする必要もないですしね)

DJ報酬(ポイント)の貯め方と換金率は?

スプナーから投げられたスプーン(投げ銭)は、ポイントとなって5000ポイントから現金化できます。1ポイント:1円の率です。

見方は、スプーンのアプリトップの左上の「三」と書いてあるようなボタンを押すと、プロフィールや設定などが見られる画面になりますが、そこから「スプーンストア」を選択。スプーンストアの中でポイントタブに変えることによって、現在自分の所持しているポイントを確認できます。

ポイントの見方

考察しているページが無いのですが、単純な計算だと、投げられた1スプーン=あなたの4ポイントのようです。このスプーンにプラスして、毎日継続して配信することや、ファンの多さが加味され、最終的な獲得ポイントになるようです。(ポイントの有効期限は6か月)

5000ポイントは、シンプルに1250スプーン投げてもらえれば達成できる数値です。

なかなか5000ポイント貯めるのは難しいと思うのですが、配信者によってはそこそこ稼げるようで、この前配信を聞いていたら18万稼いだ方がいらっしゃいました。

スプーンで18万稼いだ

この方は配信内容を企画して、計画的にスプナーやファンを集めたそうです。

好かれる声をしている方は、毎日配信とファン増加などでおまけポイントがついて、DJ報酬も積もっていく可能性は大きいですね。(未確認ですが、ポイント=アクティブ率+スプーン数+ファン数でポイントが決まるということになります。)

人気DJさんは、こんなものも買えるくらいはポイントを換金できているのだとか。↓

で、出会えるの?

SPOONのアプリでも「出会い」を目的として使っている方がいるということですが…。

SNSなので、出会おうと思えば出会えると思います。

SPOONは、自己責任でアプリ外サービスに誘導することは可能。DJによってはTwitterアカウントやInstagramアカウント、Skypeアカウントなどを公開している方がいます。

学生(未成年)でSkypeアカウント公開とか「狙ってほしいの?」とツッコみたくなるのですが、距離を詰めたければSPOON以外で繋がるといいんじゃないでしょうかね、うん。

SPOON内で、年齢や住んでいる地域や学校名など個人情報に関係するところを聞きまくると、運営者からアカウント削除される可能性もあります。気をつけましょう。(;’∀’)

そして、若い配信者さんはSNSや情報発信にはリスクもつきものだということを覚えておいてくださいね…。

TALKって?使い方は?

スプーンのTALK

TALKは、お題に沿って音声で返信するような機能です。

DJが、「元気が出るように『おはよう』って言って!」とかいうのだったら、みんなそれぞれの声で、数秒でメッセージを送ります。

聞いている感じだと、ただ単に「おはよう」だけでなく、おまけのセリフも付けている人も多い印象です。

LIVE配信は緊張してしまう方は、TALKから始めてみるのもアリですね。

推しマークとは?

スプナーは、名前の後半にいろんなマークをつけている方がいます。

雪ダルマやイチゴ、キノコやサクランボなどなど…。これは「推しマーク」と呼ばれていて、DJ(配信者)が「これから自分の推しマークはこれにします!」と宣言すると、そのDJを特に応援している人は「推しマーク」をつけます。

しかし、これはローカルルールなので、マークが被ってしまうこともあると思います(笑)

他のスプナーがアイコンをたくさんつけていたら、誰のファンなのかを気にしてみるのも面白いですね。多分似た声の好みの人と、繋がれると思います。

スプーンラジオまとめ

ということで、人気のラジオSNS「SPOON」の使い方のまとめでした。

詳しい説明が公式サイトにもあまり載っていなくて、使い方がわからない方も多いそうでス。

初心者歓迎のような配信枠では、丁寧に説明もしてくださるので、このページも参考にしつつ、スプーンの枠に入って声を楽しみましょう!

SPOONについて知らない方はこちらも参考に▽

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!