アファメーションってどんな目標設定の方法?潜在意識も操作できるスゴイ技術

自分のなりたい自分になる。もしくは、自分の欲しいものを必ず手に入れる。自分の苦手をどうにか克服したい。

そんな時に「目標設定」をするといいと聞いたことはあると思います。

今回は僕が思う、最善の目標設定のメソッドである「アファメーション」の考え方と、実際に目標達成するための行動に起すマル秘テクニックをご紹介します!

Sponsored Link

目標設定するメリット

目標がないと、いったい何のために生きているのか、自分はコミュニティの中で何の役に立っているかわからなくなります。

人間は潜在的な欲求として、「社会の中で認められたい」という欲求があり、その欲求を満たせないと幸福感を感じられないようです。いくらお金や時間があっても、です。

例えば第二次世界大戦中に、ヒトラーの支配するドイツの拷問に、「囚人に大きな穴を一日かけて掘らせ、その穴を夕方に埋める」というのを毎日やらせたようです。これは他の刑を加えた時よりも囚人の人格を壊し、多くの人(特に男性)は耐えられなくなり自殺した人も多かったのです。

存在の理由や目標がない人は生きるのがつらくなってしまいます。逆に、よい目標をもってそれに向かって進んでいる人はパワーにあふれ、魅力的になり、多くの人から認められ、欲しいものをどんどん手に入れ、男女関係も最大に楽しめるというわけです。

目標設定だけでは意味がない

でも、あなたもそうかもしれませんが「既になりたい自分のイメージがあるし、目標も持っている」という状態の人は多いです。それはすごくいいことなのですが、そのあとに続く言葉が「でもなかなかできなくてね…やる気が出なくてね…続かなくてね…」という言葉です。

目標設定の方法についてこれからお伝えしますが、それを考える前に一つ覚えておいていただきたいことがあります。

それは、「目標設定だけでは意味がない」ということです。

以前の僕もそうでしたが、目標や予定は立てることはできるのですが、それを実践する方法、続けていく方法の部分が抜け落ちてしまっていたんです。

今回は、アファメーションという目標設定の方法をご紹介するのと同時に、「それもう知っているよ」という方のために「上位1%の成功者が独占する願望達成法」も参考に継続して行動に移せる方法もご紹介します!※早く見たい方はこちらから下に飛べます。

目標設定の方法は知っていても、達成するための方法を知らない人は多いと思うので、ぜひあなたの欲しいもの・なりたい人どちらも手に入れるための参考にしてください。

アファメーションとは?

それでは本題の「アファメーション」です。

成功している人は自然に実践しています。アファメーションとは、自分に肯定的な断言を投げかけるというシンプルなものです。

ポジティブな結果のイメージを、言葉にします。その言葉の影響力で、自分の潜在意識になりたい自分を刷り込ませることができ、成功することができるという流れです。

ルー・タイスさんと苫米地英人さんという成功学者・脳科学者が2011年に共著した本でこのアファメーションについて詳しく書かれています。

言葉でイメージを操作する

スポーツの選手にしても、企業の社長さんでも口をそろえて言うのが、イメージの重要性です。

「イメージによって体が動く。イメージがなければ、何もできない。」

つまり、アファメーションを使うことで、自然とイメージがはっきりしてカラダが動いていくという流れです。目標設定をする時には、イメージをはっきりさせるのが中心作業です。

この法則性は、「ザ・シークレット(引き寄せの法則)」というアメリカで大センセーションをわき起こした映画の中でも取り上げられています。時間のある方は少し垣間見られるのでどうぞ。

アファメーションの作り方

アファメーションは、言葉です。アファメーションを作るには、なりたい自分をイメージした言葉を作ります。例えば、文章にするとこんな感じです。

私は、2018年6月までに、月100万の利益を得る個人事業主になります。 今はセミナーや読書で得たアイデアを実行に移し、作業している最中です。

たかが言葉ですが、「言霊」という言葉もあるほど、言葉には力があるといわれています。

作り方の3つのルール

アファメーションの作り方には3つのルールがあります。

  1. 肯定的な文章にする
  2. 断言する
  3. 一人称で呼びかける

成功者の作ったアファメーション

一例としてよく挙げられるのが、サッカーの日本代表の本田圭佑選手。サッカーの世界で活躍し、日本のサッカーを引っ張っている彼の作文が2015年に流出し話題になりましたよね。

おそらく小学校の時に本田選手は「アファメーション」を知らないと思いますが、小学校の作文にはそれがはっきり表れているんです。少し引用してみると…

  • ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になる
  • 必ず世界一になる
  • 大金持ちになって親孝行する
  • 契約金は40億円になる
  • ワールドカップで有名になる
  • ヨーロッパのセリエAに入団する
  • レギュラーになり、背番号10番をもらう

肯定的で、断言していて、自分(ぼく)がそうなるということがはっきり表れている言葉ですよね。

ネットでは、「数字が入っているのがすごい」「内容が具体的過ぎて怖い」「とんでもないこと書いているのに実現してしまっているのがすごい」などの声があります。

ただ、これは単純に目標設定して「アファメーションが作れている」ということに過ぎないとしたら、言葉からつくられるイメージのチカラは侮れないと感じますよね。

目標達成のビジョンを細かく設定する

上の本田圭佑選手のアファメーションでは「大きな目標」が書いてあって、短期的な目標や、やるべきことは書いてありませんでした。

アファメーションは大きな言葉だけでも力がありますが、もっと効果を高めるためには「細かいアファメーション」を作ることも大事です。

次の例として、日本の野球界で野球界の歴史を変えている「大谷翔平選手」の目標達成シートにある言葉も参考に載せてみます。最強の野球選手になるために、細かい設定をしています。

  • 体づくり。運。メンタル。スピード160km/h。
  • 食事夜7杯、朝3杯。
  • 本を読む。
  • 勝利への執念。
  • 体感強化。

などなど。こんな感じで、目標達成するために、毎日できる目標設定をしていることが分かります。日々の積み重ねでしっかりとした土台を作っていますよね。

あなたも、大きな目標を達成するためにアファメーションを作ってみるといいと思います。

ワーク:実際にアファメーションを作ってみる

アファメーションを作って、目標設定をしてみましょう!

あなたも自分でやってみてほしいのですが、できれば紙に書くことをおすすめします。ここでは僕も一緒にアファメーションを作ってみます。

  • 大きな目標
    • 僕は1000万PVのメディアの管理人です
    • 僕は周りから尊敬されるリーダーです
    • 僕の仕事で、周りの人は幸せになります
    • お金も恋も健康も全部手に入れます
  • 日々できること
    • 僕はストレスをコントロールしています
    • 僕は毎日充分な睡眠をとっています
    • 僕は毎朝気持ちよく元気に起床します
    • 僕はいつも笑顔です
    • 僕は体に良い食事をしています
    • 僕は不平不満を言いません
    • 僕は言い訳をしません
    • 僕は自分を許し、他の人も許します
    • 僕は毎日サイトを更新します
    • 僕は1か月に1冊本を読破します
    • 僕は毎日10分瞬間英作文の練習をします

僕は1000万PVのメディアの管理人とか、何言っているんだという感じですが(笑)

いや、でもここで笑っていてはいけないんです。アファメーションを作るときには、「~~になりたいです」は禁句。というのも、「~になりたいです」と書くと、潜在意識的にゴールが「なりたい状態」に設定されてしまうんです。

まとめると、目標設定をする時に注意したい点は、以下の2点。

  • ゴールを明確に設定
  • ゴールを達成するために何をすべきかを設定

目標とするゴールAに向かうために、ゴールAの状態の言葉と、ゴールAに向かうまでの過程の行動の言葉を書くとわかりやすいですね。

現在地⇒過程⇒ゴールA

アファメーションを実践するマル秘テクニック

それでは最後に、設定したアファメーション通りに行動するにはどうすればいいか?をご紹介します。

アファメーションを設定して、紙に書きだすだけでもかなりの効果があります。僕の知り合いで2年前からアフィリエイトを始め、今では月に1000万近く稼いでいる人は、目標を紙に書いて、パソコンの脇に張り付け、毎日音読しているといっていました。

最初は月100万稼ぐ!とか、そのために毎日10記事書く!ということを書いていたようですが、どんどん目標達成してしまって今は「月1000万円のアフィリエイト報酬!」と書いているようです。

イメージを具現化するために、言葉のチカラはバカにできないわけですよね。

この方のように「書き出し、音読」は効果のある実践方法です。

もう一つご紹介したいのは、潜在意識に刷り込む方法です。これは「サブリミナル効果」とも言いますが、アファメーションを潜在的に身体にインストールすることができるんです。

サブリミナル効果とは、30秒のCMの中で0.5秒など一瞬だけ覚えてほしい・行動してほしいメッセージ性のあるスライドを入れることによって、潜在意識をコントロールする方法です。悪用されると、悪いメッセージが人の心をコントロールしてしまうために、広告・放送業界では禁止されている心理術です。

このサブリミナル効果は他人が使うとキケンなものですが、自分の意識改革のために使うと効果があるものになります。それができるのが「サブリミナルブレイン」というPCソフトです。

普段パソコンをやっている画面に、サブリミナル効果を使ってアファメーションを表示できる簡単な仕組みです。最近ではスマホの画面を見ている時間が多いので、できればスマホでも出してほしいです…。

こういったソフトを使うことによって、目標設定するだけでなく目標達成するための無意識行動に起すことができるというわけです。

目標設定の方法まとめ

今回は、

  • 目標を設定するメリット
  • 目標設定・達成メソッド「アファメーション」
  • アファメーションの作り方
  • アファメーションを実践するテクニック

といったものをご紹介しました。人間が変わるには、最終的には自分との戦いになります。「あきらめる」という決定をするのも自分、「続ける」という選択をするのも自分。

目標設定をしっかりしたら、実現するまで動き続ければ、きっと周りの世界も変わるはずです。

七つの習慣という有名な本の中にも、インサイドアウトという考え方が載っていますが、周りの世界を変えるためには自分が変わるしかありません。これからもあなたが進化できるように、今回の目標実現のためのアファメーションを覚えておいてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link