Pinterestの画像をWordPressに埋め込む方法!SEOには効果あり?

pinterest活用術

オシャレな画像がたくさん発見できるPinterest(ピンタレスト)。 WordPressのブログにすぐに埋め込めるのですが、あることに注意しないとブログが激重になってしまいます。

今回はPinterestによってWordPressが重くなってしまう埋め込み方を回避する方法と、SEOへの効果を考えてみました。

Sponsored Link

WordPressに埋め込み時の注意点

スピード感

公式の方法でPinterestの画像を埋め込むと、それだけでWordPress全体が重くなってしまいます。

その理由は、pinit.jsというJavaScriptの読み込みが非常に遅いということです。

pinit.jsが重すぎる

PinterestをWordPressに埋め込むには、画像の表示されるコードと、Pinterest独自のJavaScriptのコードを二つ入れる必要があります。

しかし、このJavaScriptのタグは世界中の人が読み込むことになっているので非常に重いのです。

<script async defer src=”//assets.pinterest.com/js/pinit.js”></script>
↑このアドレスは全世界共通で使われていて、みんながアクセスするので重い。

そして、このpinit.jsをHEAD内に記入してしまうと、WordPressでどのページが読み込まれるときにもpinit.jsがロードされてしまい、GoogleのSpeedInsightsなどを使ってもよい評価は出ません。

pinit.jsの読み込みを早くする方法

pinit.jsの読み込みを早くするには2つの方法があります。

  1. Pinterestの画像を埋め込むページのみにpinit.jsを設置する
  2. 独自でpinit.jsを自サーバーにアップロードする

Pinterestの埋め込みをしたいページにpinit.jsをそのまま書く

これは簡単で、WordPressの投稿画面(ビジュアルエディタでもテキストエディタでも可能)の一番上の行に↑に書いてあるコードをコピペすればOKです。

埋め込みをしたいページには、毎回このコードが必要になりますが、すべてのページにpinit.jsが配置されないので、高速化に役立ちます。

独自でpinit.jsを自サーバーにアップロードする

  1. pinit.jsの内容をGitHubから取得します。
  2. pinit.jsという名前で保存し、自分のサーバーにアップロードします。
  3. pinit.jsへのフルパスをメモし、<script async defer src=”http://フルパス/pinit.js”></script>の様式でHEAD内に記述します。

上の3ステップで、世界中から読み込まれるpinit.jsにアクセスする必要がなくなります。pinit.jsを自前で用意することにより、軽量化を図れます。

ビジュアルエディタでタグコードが消えてしまう時の対処法

たとえば、pinterestにあるオシャレな洋服コーディネートの画像を自分のWordPressに埋め込みたいとします。

pinterestの埋め込み方法

左上画像から説明すると、まず詳細をチェック。

左下の画面になるので、左上の・・・をクリックすると「埋め込む」という文字が表示されるので埋め込みコードを表示。

すると右の画面のように、「このコードをコピーして、アドオンを表示したい場所に貼り付けます」というコードが表示されます。今回の場合だと

<a data-pin-do=”embedPin” data-pin-lang=”ja” href=”https://www.pinterest.com/pin/392587292507618069/”></a>

こうなっています。

しかし、このコードをそのままビジュアルエディタに張り付けると、タグが消えてしまいます。

なぜかというと、「空タグ」になってしまっているからですね。

これを回避するために、aタグの間に何か入れてあげましょう。全角スペースとかでもいいです。

<a data-pin-do=”embedPin” data-pin-lang=”ja” href=”https://www.pinterest.com/pin/392587292507618069/”> </a>
※</a>の手前に全角スペースを入れている

すると、ビジュアルエディタでもテキストエディタでもタグが消えることを防げます。↓こんな感じ。

 

SEOへの効果は?

詳しくは検証していないのですが、Pinterestは「画像共有SNS」という扱いになっています。

ということは、記事に必要な画像などをPinterestで探して、それをWordPressに埋め込んでみんなに紹介するのは正しい使い方になります。

今回のように、ファッション系の記事を書くときにピッタリな画像が必要な時などは、Pinterestで画像を探して、それを埋め込むといいかもしれません。

Pinterestをうまく使えば、サイトにピッタリな画像が増えて、滞在時間も増え、SEOの効果があると言えます。

さらに、可能であればあなたが自分で撮った写真や画像をPinterestで「ピンする(保存する)」にしておけば、Pinterestを通してあなたのサイトに若干の流入を期待することもできるんです!

自分の写真を積極的にシェアすることで、TwitterやInstagramなどと同じような集客効果も見込めるので、余裕のある方は試してみてはいかがでしょう?

Pinterestの埋め込み方のまとめ

今回の記事では、Pinterestの上手な埋め込み方と、WordPressで埋め込む際にタグが消えてしまう対策などを考えてみました。

日本ではいまだにメジャーになっていないPinterestですが、ブログやメディアを運営している人は覚えておいて損のない情報だと思います。

ぜひPinterestをうまく使って、説得力のあるサイトに仕上げてください♪

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

pinterest活用術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link