アフィリエイト情報発信(アウトプット)習慣の作り方を5つ解説

アウトプット習慣作り

アフィリエイトで稼ぎたいとしたら、「情報発信」をするのが前提です。

でも、

  • なかなか記事が書けない
  • 読者にとって有益な記事ってなんだかわからない
  • やりたいことはあるけど手が止まってしまう

などのお悩みがあると思います。今回の記事はそんな悩みの解決法です。

5つの解決法

解決方法はたくさんあると思いますが、今回は5つに絞って取り上げてみます。

  1. 最初から100%を求めない
  2. 小さい情報発信から始める
  3. 1文字でも多く書く
  4. 情報の価値は読者が決める
  5. 情報発信のお手本とつながる

この記事を読むことで、アフィリエイトで稼ぐための基本的な「考え方」が身につくはずです。

最初から100%を求めない

最初から100%でアウトプットできる人はいないと思います。

今稼いでいる人も、最初はゴミのような記事しか書けなかったことでしょう(笑)

でも、とりあえず書き始めてみて、WordPressに投稿したり、簡単なペラサイトを作ったりしてみます。

「100%じゃなくても、とりあえずアップロードしておこう」という勢いは、稼げている人に共通している点かもしれません。

たまに100%主義でも記事をなんとか投稿できる人もいますが、完成してから投稿しようとするとやはり難しいものです。

100%じゃなくても、もしかしたら価値をわかってくれる人もいるかも知れません。それは後で「情報の価値は読者が決める」という項目で取り上げます。

小さい情報発信から始める

情報の量に応じて、情報発信の難易度は変わってくると思います。

以下は一例ですが、

書籍>電子書籍>ブログ>メールマガジン>Twitter

という感じで、基本的には「文字数が多くなれば多くなるほど、心理的にアウトプットの難易度が上がる」と考えられます。

それで、もし毎日のアウトプットが習慣になっていないとしたら、Twitterで何かしらの情報発信をしていみるのもオススメです。

ゼロより1です。

1文字でも多く書く

アフィリエイトでうまいコピーライティングがしたい、とか、読まれる記事を書きたい、という願いは共通してあると思います。

それで、「必ずうまくなるノウハウ」とか「読者に好まれるライティング」とかを追い求めたい気持ちもあるとは思いますが、それよりも「とにかく書く」という方がうまくなります。

情報発信のレベルは、たくさん配信している人ほどうまいと思います。

何も勉強せずにアウトプットしているだけだと、進歩がないですが、勉強した以上にアウトプットができる人は、情報発信のスキルがどんどん上がります。

情報発信でうまくなりたいなら、「1文字でも多く書く」を習慣にしてみてください。

情報の価値は読者が決める

情報発信しても、価値がないんじゃないか…。自分のアフィリサイトには読まれる情報はなにもない…。と感じてしまうでしょうか?

それもわかります。ただ、最終的にあなたの書いた記事を評価するのは、読者なんです。

もし努力してアウトプットしたのに、全部DELETEで消してしまうとしたら、本当にもったいないです。

せっかく発信したものについては、「価値は受け取り手が決めればいいや」という気持ちで扱うといいかもしれません。

情報発信のお手本をインプットする

情報発信(アウトプット)を効率的に行うためには、インプットは必須です。

インプット元は、本でも雑誌でもテレビでもYoutubeでもリアルセミナーでもいいと思います。

でも、一番理想的なインプット元は、あなたが目標とする情報発信者です。

そして、その理想とする情報発信者のアウトプット方法を真似して、あなたの言葉に言い換えて発信するといいですね。

まとめ

今回は、あまり情報発信したことがない人が、アウトプットの習慣を作るためにできることを紹介しました。

  • 最初から100%を求めない
  • 小さい情報発信から始める
  • 1文字でも多く書く
  • 情報の価値は読者が決める
  • 情報発信のお手本とつながる

今は、誰でも発信者になれる時代です。積極的に配信して、あなたのファンになってくれる人を見つけてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

アウトプット習慣作り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!