面倒な「マイルの貯め方」を簡単2ステップに要約!【陸マイラー】

マイル始めてみた

マイルって、なんだか難しいって思いませんか?

そういう僕も、お金には自由な生活ができるようになってきたものの、以前から興味のある「マイル」はどうも難しそうで取り組んでいませんでした。

しかし、身近に年に10万マイル貯めている「陸マイラー」という先駆者がいたので、その先輩に直接指導をしてもらい、マイル生活を始めてみました。

今回の記事は、「マイルっていいらしいけど、具体的にどう始めるの?」という疑問を持つ方向けに、同じ初心者目線でまとめてみました。

とりあえずこうする

START

正直、マイルについて詳しいサイトは星の数ほどあるのですが、僕はそういうサイトを見るたびに

「で、どうしたらいいの?」

あまりの情報の多さに「情報カット」してしまっていました。

それで、直接陸マイラーの先輩に、とりあえずどうしたらいいのか教えてもらいました。

超初心者が、マイルを貯める生活をするとしたら、まずやることは2つだけ。

  1. ソラチカカードを発行する
  2. ポイントサイトに登録する

です!

ソラチカカードを発行する

クレジットカードの画像

ソラチカカードというのは愛称で、本来の名称は「ANAのPASMO付きJCBカード」です。

なぜマイルを始めるのにこのカードが必要かというと、2つの理由があるようです。

  • ANAマイルを貯めるために必要だから
  • 最も効果的にマイルを貯めるのに必要だから

世の中には数多くの「クレジットカード」があるわけですが、マイルを貯めてお得な生活を送りたい人がたった1枚クレジットカードを選ぶとしたら、このソラチカカードを選ぶ程究極のカードようです。

ソラチカカードは、1年目の年会費が無料ですが、2年目からは年会費が2000円かかります。しかし、マイルを貯めたい人からすると、年会費3万でも所持していたいカードと言われています。

それほど、マイル生活を始めるのに「必須」な道具ともいえるのが、ソラチカカードなんですね。

ソラチカカードをお得に発行するには?

クレジットカードを発行すると、「自己アフィリエイト」などでお金がもらえる仕組みがあり、ソラチカカードを作る時にも、お得に作れないの?と僕自身気になりました。

しかし、ソラチカカードを発行する際に使える自己アフィリエイトはありませんでした。唯一、「現在ANAマイルを貯めている人からの紹介制度」により、紹介者と被紹介者に500マイルずつもらえるというキャンペーンがあります。(マイ友プログラムという名称です)

もし必要でしたら、以下のフォームに「マイ友プログラムお願いします」と一言送っていただけたら、紹介コードをお送りしますね。

お名前
メールアドレス
メッセージ本文

マイルを始めた僕は、こういう「もっとお得な情報はないか…」「もっとお得に登録できないだろうか…」ということであれこれ悩んでいて、ソラチカカードを数年にわたり発行していなかった非常にもったいない過去があります。既に発行した今言えることは、「とりあえず発行すればOK」ということです(笑)

ソラチカカードの発行はこちら。(審査あり)
http://www.to-me-card.jp/campaign/tome_ana/

ポイントサイトに登録する

プレゼントの画像

ソラチカカードを発行し終わったら、もう一つやっておくことが「ポイントサイトへの登録」です。

マイルを貯める方法にはいくつかあるのですが、飛行機に乗るより、クレカ決済より、もっと効率的なのが「ポイントサイトの利用」なんです。

マイル初心者は、以下の2つのポイントサイトに登録するところから始めてみましょう。

  1. モッピー
  2. Gポイント

なぜこの2つのポイントサイトに登録すべきかを詳しく書くと、他の情報盛りだくさんのサイトと変わらなくなるので、とりあえず簡単な理由を書いておきます。

  • モッピーは、マイルに変換できるポイントが効率的に貯められるから
  • Gポイントは、ポイントサイトで貯めたポイントを効率的に変換できるから

陸マイラーになるためには、様々な場所で貯められる「ポイント」を、効率的に「マイル」に変換する必要があります。

その際に、この2サイトには登録しておきましょうね、ということですね!

年に10万マイル貯まるとこうなる

旅行する女性の画像

僕もよく知らなかったのですが、マイルと貯めるといいことがあるようです。だから貯めるんですけどね。

格安で航空券が手に入る

マイルを貯めるといい理由は、「航空券を安く・お得に購入できる」という唯一のメリットにまとめられます。言い換えると、マイルでのみ「特典航空券」というモノを購入できます。

具体的な例を挙げると、有名なところでは「ハワイに安く行ける」という特典があります。

マイルを貯めている人は、マイルで日本とハワイの往復航空券を手に入れています。その価格、35000マイルです。年間10万マイル貯めていると、3人がハワイに往復できることになります。

普通にこの区間の往復航空券を買おうとすると、1人10万円ほどします。つまり、マイルは特典航空券に変換することによって1マイル=3円以上の価値になるわけです。

ハワイの例以外だと、韓国に12000マイル。アメリカのLAに40000マイル。イギリスのロンドンに45000マイル。こんな価格感です。

どれも1マイル=1円だと考えても、だいぶ安いですよね。韓国往復が12000円とか、LAに40000円とか。実際の航空券の価格はこの値段以上になることは確実なので、やはりマイルで航空券を買うのはだいぶお得なんですね。

海外航空券だけではなくて、国内航空券も同じように買えます。東京と沖縄間が7000マイルで往復できるんです。安いですね!

ビジネスクラス・ファーストクラスも安い

普通は1席数万円~数十万円する「ビジネス・ファーストクラス」に安く乗れるのもマイルのメリットです。

上では単純な航空券の安さでしたが、同じ区間をエコノミーではなく、ハイグレードなクラスで乗ることもできます。これがマイルのスゴイところ。

ハワイはエコノミーで往復40000マイルでしたが、70000マイル出すとビジネスクラスにアップグレードしてもらえます。

やはりちょっと高いと感じるかもしれませんが、一生に一度の新婚旅行とか、カップルの特別な旅行の時にはハイグレードな席にも乗ってみたいものです。現金ではなかなか勇気のいる価格帯ですが、マイルなら庶民でも可能になるんです。

陸マイラーって?

ラップトップを操作する美女

最後に、今回の記事で出てきた「陸マイラー(りくまいらー・おかまいらー)」とは何なのか、簡単に解説します。

一言で言うと、「飛行機に乗ったり、たくさんのクレジット決済をしないでもマイルを年間数十万ポイント貯める人たち」のことです。

法に触れないですし、良心が痛むこともなく、正しい方法でマイルがザクザク貯められる方法です。

その理由は、上の方でも紹介しましたが「ポイントサイト」をうまく使っているからです。

ポイントサイトで大量のポイントを貯めて、それを現金ではなくマイルで受け取ることで、陸マイラーになることができます。単純にそれだけなんです。

僕は重い腰を上げて始めた初心者ですが、この方法だと1か月で1万マイル(年間12万マイル)くらいは普通に貯まるなぁと感じています。

まとめ

マイルって面倒くさい…って思っていたのですが、意外と身近にマイラーがいるとできてしまうものですね。

年間10万マイルを貯められれば、1年でハワイに3往復できるってすごいことです。現金よりも貴重なものに思えてきますね。

ここまで読んでいただいてわかると思うのですが、「航空券」がいらない人はマイルを貯める意味はありません(笑)

国内・海外とも飛行機を使う機会のある方は、ぜひマイル生活を始めてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

マイル始めてみた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!