1. TOP
  2. 恋愛結婚とお見合い結婚のメリット・デメリット&意外な離婚率!

恋愛結婚とお見合い結婚のメリット・デメリット&意外な離婚率!

 2017/05/17 恋愛
この記事は約 6 分で読めます。
夕日で手をつなぐカップル

20代後半になると、周りの人もどんどん結婚しているはず。

当サイトの読者のあなたも20代後半~30代の「結婚を考える年齢」に生きているのではないでしょうか?(ムフフ)

恋人がいない人が結婚をしたい時、たった2つの方法しかありません。つまり結婚をするためには、身近な人と恋愛をするかお見合い(婚活含む)をしなくてはなりません。

今回は、どちらが幸せな結婚をしやすいのか、恋愛結婚とお見合い結婚の比較をしてみました。

恋愛結婚のメリット・デメリット

あなたの周囲で結婚しているカップルはどのようにして結婚をしたのか?を聞いてみると、たぶん恋愛結婚の人のほうが多いはずです。

あと、あなたの理想としても、「自由な恋愛が行える現代だからこそ、自分が好きになった人と結婚をしたい!」と思っていると思います。(ちなみに僕は恋愛結婚が希望です!)

そんな恋愛結婚のメリットは、自分が本当に好きな人とカップルになり、結婚して、結婚生活をおくることが出来ますので、結婚当初から幸せな結婚生活をおくることが出来るでしょう。

デメリットを考えてみると、恋愛結婚の場合は相手への気持ちが冷めやすいという点があります。これはかなり現実的に起こりうることなので、「恋愛」と「結婚」は違うもの、と覚えておいた方がいいと思います・・・。

恋愛をしている時には相手への気持ちが大きく盛り上がっていますが、結婚生活をおくっている間に相手への気持ちが冷めてしまえば一緒にいるのも嫌になってしまいます。

恋愛でアツアツになれる楽しさもありますが、そこには「恋愛感情補正」があることを忘れてしまう人が本当に多いわけですね。メリットデメリットは表裏一体という感じです。

お見合い結婚のメリット・デメリット

見合い結婚のメリットは、合理的に結婚相手を見つけることが出来る点です。恋愛は「自然と」だと思いますが、お見合いは「意図的に」結婚の流れができます。

最近では安全に使うことのできるマッチングアプリも増えていて、「結婚したい」という希望を持った男女が出会いやすい環境になっています。結婚までの距離が近いのも、お見合い結婚のメリットです。

結婚生活に必要だと思える条件に当てはまる相手に出会うことが出来ますので、理想通りの結婚生活が送れるようになります。

見合い結婚のデメリットは、一般的に結婚までの交際期間が短いですので、相手の性格などをよく知らない状態で結婚に至る場合もある点です。

恋愛結婚vs見合い結婚

どちらで結婚をしたとしても、結婚をしたことに変わりはありませんが、うまくいくのはどちらの方がでしょうか。

念願の結婚が出来たというのに、すぐに破たんしてしまえばまた独身生活をおくらなくてはなりませんし、子どもがいる場合には、子どもにも寂しい思いや不便な思いをさせることになってしまいます。

遅かれ早かれ離婚は絶対に避けたいものですので、うまくいく相手と結婚をすることは大前提です。

離婚率と、結婚方法の関係

数値をグラフにしたイラスト

ちょっと怖いですが、現実的な統計の数値を見てみましょう。

日本での離婚率は30パーセント程度と言われていますので、3組に1組は離婚をしている状態です。

全体で言えば30パーセントと言われている離婚率も、恋愛結婚と見合い結婚で分けた場合には、かなりの差が出てきています。

恋愛結婚での離婚率は40パーセントにもなり、お見合い婚の場合は、離婚率10パーセント程度になっています。

恋愛の場合は2.5組に1組の割合で離婚をしている形になり、見合いの場合は10組に1組程度となりますので、お見合い結婚のほうが成功率が高いといえますね。

なぜ恋愛結婚のほうが離婚率が高い?

当初「好き」などの感情があまり強くない結婚をするお見合いに比べて、今大好きな相手と結婚をする恋愛結婚のほうが離婚率が高いというのは不思議に感じるはずですが、なぜそのような結果になってしまうのでしょうか?

恋愛結婚が離婚率が高い理由には、相手のことを好きだから結婚をするという理由から来ています。

大恋愛をしている時というのは、気持ちがおおいに盛り上がっていますので、相手のことを冷静に見ることが出来なくなってしまいがちです。

相手がかわいくて性格が悪いとしても、感情に波がありこちらが疲れる相手だったとしても、相手のことを好きだから許してしまうことになります。
好きという感情が、相手の負の部分を上回ることによって、結婚しても大丈夫と間違った判断をしてしまうことになるのです。

その恋愛結婚特有の「勢い」や「熱烈な愛情」は大切だとは思います。

しかし、結婚生活をしていくうえでは、いわゆる「恋愛対象としてはいいけど、結婚相手としては微妙(恋人としてはいいけど結婚できない)」という相手を選んでしまうと、幸せで平穏な結婚生活を送れなくなる可能性が高くなります。

恋愛をしているときは幸せかもしれませんが、本人に浪費癖があったりすると「家計が一緒の家族」になった時につらいですし、親子仲が悪いなど「親族間での問題」があるとその重荷も背負う必要がでてきます。

いくら相手のことが好きだったとしても生活に支障が出るような相手では、まともに子育てをしていく事もできなくなるでしょう。

そんな生活が続いていれば、相手への愛情も覚めてしまうことになり、好きという感情がなくなれば相手の悪いところしか見えなくなってきます。結局相手と人生を共にすることに疲れてしまい、生活は破たんしてしまいますし、離婚する人が多いのもうなずけます。

悪いところがどんどん見えてくると、結婚生活を続けていくメリットが無いように感じられて、他の人を求める不倫や離婚へと進んでいく事になってしまいます。

見合い結婚の離婚率が低い理由

見合い結婚の場合は、一般的にお互いが相手のことを冷静に見てから結婚をするようになっています。

最初に恋愛感情はなかったとしても、相手の年収や趣味嗜好、背景情報なども知ったうえで相手を選ぶことが出来ますので、失敗をしにくくなります。

結婚生活をしていくために妨げになるようなことがない相手と見合いをすることによって、結婚生活中に相手への不満が出てくることが少なくなるからです。

結婚生活が破たんするのは、相手への不満が爆発してしまう時でもあります。見合い結婚の場合は、ある程度相手のことを知ったうえで生活をしていくことが出来ますので、不満がたまりにくくなるでしょう。

彼女が欲しい?それとも「結婚相手」がほしい?

モルディブで結婚した男女

これから結婚相手を探していくのであれば、一緒にうまく結婚生活をしていくことが出来る相手を見つけなくてはなりません。学生時代のように「付き合いたい」だけでは結婚生活はうまくいかないわけです。

大恋愛の末に結婚をするのに憧れやすくなりますが、現実を考えたときに、本当に自分が幸せになることが出来る相手なのかを冷静に判断していく事が重要です。結婚後の人生もかかっていますから。

1度判断を間違えてしまうと、ボタンの掛け違えのように結婚生活(=人生)もうまくいかなくなってしまうので、結婚前には本気で、かつ冷静に考えたいところですね。

失敗しない女性を選んで、人生を充実させたいなら「女性の内面」を見たいところですね。下の記事では、成功する男性が選ぶ「思いやりのある女性」の特徴をご紹介しています!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

LifeForce8の注目記事を受け取ろう

夕日で手をつなぐカップル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LifeForce8の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 恋愛とビジネスは共通点だらけ!両方を手に入れる原点の考え方

  • アフィリエイト革命2017年は買い?今通用するノウハウの内容を暴露…。

  • 最強のリサーチ術!アフィリエイト成功の鍵は8割がリサーチ

  • 担当がつきやすいオススメASP6選!稼ぎたい人はすぐ登録♪

こちらの記事も読まれています!( ✧Д✧) カッ!!

  • 港区女子の特徴5選と、好きになった時の接し方。彼女たちが求めるのは…

  • 色気のある男はモテる!色気のある男になるためにすぐに出来ること

  • 好きな女性に告白する正しい方法。フラれない告白の本質って?

  • 「思いやりのある女性だな….」男が中身に惚れてしまう女性の特徴7つ

  • 合コン女子から出ている脈ありサイン5種類を女性目線で解説!

  • アラサーなのに結婚の気配ゼロ。結婚できない男と女の特徴は?