作らないと損な無料クレジットカードランキング【保存版】

編集長
クレジットカードを作りたいけど、年会費は払いたくないなぁ…。

僕と同じように、クレジットカードにわざわざ年会費を払いたい人は少数派なのでは…と思います。

もちろん年会費有料のカードにはそれなりのメリットがありますが、年会費無料のカードにはそれだけでも魅力があります!

それで今回は、この1ページですべてがわかる「【用途別】年会費無料のクレジットカードのランキング」を作ってみました。年会費無料のカードを作成したいあなたは、これで「カード通」になれますよ!

Contents

とりあえずおすすめ!ランキング

MasterCardブランドのカードをデニムのポケットに入れている

年会費無料のクレジットカードのオススメを、とりあえずランキング形式で見てみましょう!

僕はいろいろ考えた結果、以下のランキングTOP3のカードを3枚作ることにしました。

他のカードは「作らない理由」がありましたが、万能型の3枚については「作らないと損」だったので3枚所有することにしたという感じです。そのうち「エポス」と「イオン」はどちらも無料ゴールドカードにランクアップしてもらっています!

万能型年会費無料クレジットカードランキング

  1. エポスカード

    理由…年会費無料なのに、海外旅行傷害保険が自動付帯していたり、たまるマーケットを使うことによってポイント還元率が高くなる点がGood!

    さらに、年間利用を50万以上にすれば、無料のゴールドカードに自動ランクアップできるのも魅力的。丸井系のカードなものの、丸井を利用しない人にもメイン利用できるカード。

    エポスカード詳細 エポスカード公式

  2. 楽天カード

    理由…テレビCMで一番見るクレジットカード。審査も甘く、ネットショッピング全盛期の今の時代に持っていないと損をするレベルのカード。

    「庶民向けカード」という感じで、便利カードなので誰でも持っていて被ってしまう点がデメリットなものの、初回に高額ポイント付与もあり作っておいて損は絶対にない。

    楽天カード詳細 楽天カード公式

  3. イオンカード

    理由…無料で持てるゴールドカードがすごく魅力的。

    ゴールドカードにしなくても、全国でイオン系のお店が多いことから日常使いができるカードとしてもオススメ。

    イオンゴールドカード詳細 イオンカード公式

それでは次に、用途別の年会費無料カードをご紹介します。

用途別年会費無料クレジットカード一覧

マイルが貯まるクレジットカード

イオンJAL MILEAGE BANKカード

イオンJAL MILEAGE BANKカード

  • JCB/VISA/MASTER
  • 年会費永年無料
  • ETCカード永年無料
  • 電子マネー付き(WAONもしくはiD)
  • マイルが貯められる(利用200円につき1マイル)
  • 家族カードが3枚まで無料発行

イオンとJALのコラボカード。イオン系のカードはもともとイオンやミニストップなど、イオン系のストアでお得に使えるカード。

  1. 20日・30日はイオンカード提示で5%オフのお客様感謝デー
  2. 5のつく日は、WAONポイント2倍のワクワクデー

そしてJALのマイルが同時に貯められるのがイオンJMBカード。

この2社が提携していることから、マイルをWAONに交換もできます。

イオンJMBカード

銀行口座連携クレジットカード

みずほマイレージクラブカード

  • VISA/MASTER/JCB/AMEX
  • 年会費永年無料
  • ETCカード永年無料
  • 電子マネー付き(Suicaもしくは楽天edy)
  • ANAマイル

みずほ銀行のプロパーカードで、みずほ銀行の口座に10万以上の残高があれば、コンビニのATMから引き出し手数料が無制限で無料。

コンビニATMで、いつでもお金を引き出せる安心感が強い銀行カード兼クレジットカードです。

さらに今回紹介している中で唯一、セゾンアメリカン・エクスプレスのブランドが使えるところもウリです。

流通ジャーナリストの金子哲雄さんが「僕にとっては最強のカード」と太鼓判を押している1枚です。(TBS特大がっちりマンデーより)

みずほマイレージクラブカード

ネットショッピング向けクレジットカード

楽天カード

誰でも作れる楽天カード

  • JCB/VISA/MASTER
  • 年会費永年無料
  • ETCカード:年会費500円
  • 電子マネー付き(楽天ポイント・楽天Edy)
  • 海外旅行保険2000万円(利用付帯)
  • 家族カードが3枚まで無料発行
  • 申し込むだけで最低2000ポイント。多い時だと8000ポイント。

楽天市場での買い物で常にポイントが2倍になるカード。ネットショップ大手の楽天市場で購入する機会が多ければ、オトクになるはず。

1ポイントは、楽天市場で1円の価値があるポイントです。

さらに海外旅行保険も、利用付帯でついてくるので無料の中ではかなり手広くカバーしてくれている印象です。

海外旅行にオススメのクレジットカード

海外旅行をする際に持っておきたいのが、こちらのカード。付帯保険が充実していたり、海外ATMで低手数料で通貨を下せるカードです。これが年会費無料なので作らないと損です!

エポスカード

エポスカードオリジナル額面

  • VISAのみ
  • 年会費永年無料
  • ETCカード:年会費500円
  • 電子マネー付き(楽天ポイント・楽天Edy)
  • 海外旅行保険自動付帯
  • エポスVisaプリペイドカードの発行手数料無料・年会費無料

年会費が永年無料なのに、海外旅行時の保険が自動付帯という驚きのカード。

もともとエポスカードは、丸井系のカードなので丸井でお買い物する人には必須ですが、そうではない人にもとてもオススメなカードです。

エポスカードはクレヒス(カードの利用履歴)を積み重ねることによって、年会費が永年無料のゴールドカードへの招待(インビテーション)が来ることでも有名です。条件も比較的緩いので、手に入れやすい年会費無料ゴールドカードです。

エポスカード

コンビニでお得なクレジットカード

ファミマカード

  • 年会費永年無料
  • ETCカード永年無料
  • 電子マネー付き(iD)
  • Tポイント機能付き

コンビニやファミレス(ジョナサン・ドトール)などで貯められる場所が多い「Tポイント」がついているカード。Tポイント系列のお店が増えている今、Tポイントカード付きのクレカはオトク。

カードの日(火曜日・土曜日)はファミリーマートでポイントが2倍。

コンビニではセブンイレブンやローソンなどのカードもあるものの、Tポイントと提携しているのがファミリーマートであることから、この選定にしました。

ファミマTカード

交通機関系カード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

  • VISA/JCB
  • 年会費初年度無料・1年間で1回でもカード利用/Suica利用が確認できれば無料
  • ETCカード477円/年
  • 電子マネー付き(Suica)
  • 家族カード3枚まで年会費無料
  • 通常ポイント還元率1.0%(入会後半年は2.0%)
  • オリコモール経由でのネットショッピングで還元率さらに+0.5~15.0%

交通機関に乗れる電子マネーとして、PasmoやSuicaがありますが、Suica利用者がお得なカードがビックカメラSuicaカードです。

電車に乗る際のきっぷや、定期券の購入でもポイントがたまるのが特徴的です。

ビックカメラSuicaカード

ポイント還元率が高いクレジットカード

オリコカード

ポイントがたまりやすいオリコカード

  • 年会費永年無料
  • ETCカード永年無料
  • 電子マネー付き(iDとQUICPayダブル搭載)
  • 家族カード3枚まで年会費無料
  • 通常ポイント還元率1.0%(入会後半年は2.0%)
  • オリコモール経由でのネットショッピングで還元率さらに+0.5~15.0%

通常のポイント還元率も1.0%とたまりやすく、ネットショッピングの場合はどこで使っても1.0%以上が保証されている「ポイントがたまりやすいカード」。

このネットショップは、Amazon.co.jpや楽天市場、ヤフオクなど主要ネットモールは網羅。ユニクロやzozotownまで入って合計600サイト以上。

Amazonで買い物をすることが多い人は、オリコカードで支払うことで還元率が2倍に。

入会後6か月間は、還元率が2%にもなる。

オリコカード

リクルートカード

  • JCB/VISA/MASTER
  • 年会費永年無料
  • ETCカード永年無料
  • 電子マネー付き(楽天EdyもしくはiD)
  • 海外旅行保険2000万円。国内旅行でも1000万円。(利用付帯)
  • ショッピング保険200万円。
  • 通常ポイント還元率1.2%。

P-one Wizカード

  • すべての決済が自動で1%割引になるカード。
  • JCB/VISA/MASTER
  • 年会費永年無料
  • ETCカード発行手数料1000円
  • 電子マネー付き(楽天EdyもしくはiD)
  • 通常ポイント還元率0.5%(入会後6か月は1.5%)
  • 家族カード無料

例えば10000円の買い物をしたら、支払い請求書には1%が引かれた9900円で請求が来ます。

他のクレジットカードは「ポイント還元」という方法をとっているものの、P-oneカードを発行しているポケットカードは現金値引きという方法です。

それぞれの買い物に対しての請求が自動的に1%値引きになるのは、P-oneカードだけです。

1%引かれない決済項目は以下の通り。

  • サンリブ・マルショクでの買い物(後で詳しく説明している)
  • ポケットカードトラベルセンター
  • 電子マネーチャージ(nanaco・楽天Edyなど)
  • 金券類
  • 生損保等の各種保険料
  • ETCカードの利用分
  • キャッシング利用分

さらに1000円の利用ごとにポイントも別でたまるので、通常利用をしているだけでも還元率は1.5%になります。

P-one Wizカード

ライフカード

  • JCB/VISA/MASTER
  • 年会費永年無料
  • ETCカード永年無料
  • 電子マネー付き(楽天EdyもしくはiD)
  • 通常ポイント還元率0.5%、1年の利用額に応じて翌年度1.0%(誕生月5.0%)
  • L-Mall経由でのネットショッピングで還元率最大25%
  • ポイントは5年間有効

入会後1年間はポイントが1.5倍になるカードで、さらに誕生月は還元率が5%に。使えば使うほどお得になるポイントシステム。

誕生月に200万円の車を買うと、7万円分のポイントがつくくらいポイント還元率が高め。

ライフカード

ステータス感のあるクレジットカード

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード額面

  • ネット経由での申し込みで、初年度年会費無料
  • 2年目以降も年会費無料(条件:年1回のカード利用&マイ・ペイすリボの登録)
  • ETCカード初年度無料、2年目から540円(税込)
  • 電子マネー付き(iD)
  • 家族カードは1名につき400円/年

三井住友VISAクラシックカードは、日本で最もメジャーで大人なクレジットカードです。

クレジットカードの元祖ともいえる三井住友(SMBC)系列ですし、カード額面も古代ギリシャのパルテノン神殿が描かれたシルバーのデザイン。無料カードなのにステータス感があるのは、さすが三井住友のカードと言えそうです。

2年目以降の年会費無料の方法に、「マイ・ペイすリボ払い」が条件になっていますが、リボの機能で「全額払い」というものがあり、これは一括払いと同じものになります。クレジットカードで利息をつけないためには「一回払い」か「二回払い」が必須ですが、普通なら一括払いにするはず。設定で全額払いにしておけば、リボ払いによる利息料金はかかりませんのでご安心を!

この方法で「ステータス感のあるカード」を無料で手に入れられるので、彼女や嫁さんとのデートの時にも恥ずかしくありませんね(笑)

三井住友VISAクラシックカード

学生でも持てるクレジットカード

クレジットカードが申し込めるのは、18歳以上というルールがあります。

その中でも、18歳の「学生」だと作れるカードは狭まってきてしまいます。年会費無料の学生が作れるカードはあるのでしょうか?

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

  • VISA/MASTER
  • 年会費永年無料
  • ETCカード無料
  • 海外旅行傷害保険(最高2000万円)が自動付帯
  • 賠償責任補償額(最高2000万円)付き
  • 電子マネー付き(iD)

発行条件は、

  • 満18歳以上25歳以下の方で、大学・短大・専門学校に在学中の方(高校生を除く)

となっています。

学生用クレジットカードとはいえ、年会費無料で、さらに海外旅行をする際に持っていないと損なレベルの補償がついているのはすごいです。

事故やケガをしたとき以外にも、「賠償責任補償」というものがついているので、旅行先のお店で売り物を壊してしまったときや、ホテルの備品を傷つけてしまったときにも、請求額をカバーしてもらえます。

普通のライフカードよりもいいかもしれない、大人もうらやむ品質のカードが「学生専用ライフカード」です。

学生専用ライフカード

年会費無料のデビットカード

学生であったり、クレジット決済にあまり積極的でない方におススメなのが、デビットカードという選択肢です。

デビットカードは、その場で決済額が銀行口座から引かれる決済方法です。

デビットカードは銀行口座を持っていれば基本無料で発行できて、VISAブランドの加盟店で使うことができます。

ジャパンネット銀行Visaデビットカード

  • VISAのみ
  • 年会費永年無料
  • 海外ATM出金手数料無料

クレジットカードを持てない理由がある人でも、VISAブランドのデビットカードであればクレジットカード決済と同じように使えるので、こちらも検討してみてください。

ジャパンネット銀行Visaデビットカード

年会費無料のゴールドカード?

ゴールドカードは、額面が金色でいかにも「お金持ちの持てるカード」という感じです。年会費もかかるんじゃ…と思いますが、実は年会費無料で持てるゴールドカードも存在します。

種類

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

僕の持っている無料ゴールドカード(エポス)

  • VISAのみ
  • 一度でも年間利用が50万円を超えれば年会費永年無料(もしくはエポスカードの利用履歴の積み重ねでインビテーションが届く)
  • ETCカード初年度無料、2年目から525円
  • 電子マネー付き(WAON、PiTaPa、iD)
  • ポイント還元率は最高1.5%

エポスゴールドカードは、条件次第で永年無料会費で所持できる「無料ゴールドカード」です。

僕も、2016年1月から始めて2016年7月にインビテーションが来たので、かなり手が届きやすいゴールドカードです。(利用7か月半)

エポスゴールドカード

イオンゴールドカード

  • VISA/MASTER/JCB
  • 年間の利用が100万を超すとインビテーションが来る
  • ETCカード発行手数料無料・年会費無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 電子マネー付き(WAON)
  • 家族カードを3枚まで無料発行

イオンカードには種類がたくさんありますが、ゴールドカードを直接申し込むことはできません。

ゴールドカードにするには、以下のカードを利用して招待を待つのみ。

  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(ディズニー・デザイン)(JCBのみ)

招待の条件で一つ確かなのは、公式サイトにも書かれている

直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。
イオンゴールドカード|暮らしのマネーサイト

という情報です。

その他にも

  • 累計で500万円以上利用
  • 1年間で120回以上、かつ合計80万円以上利用
  • イオングループのみで年間で60万円以上利用

というリーク情報がありますが、僕も今目指しているので手に入ったら紹介します。僕が一番やりやすいと思った方法は「1年間で120回以上、合計80万円以上使用」という条件です。

2017年6月23日追記「イオンゴールドカードのインビテーションが来ました」

2016年11月から使い始めたイオンセレクトカードですが、半年くらい使っていたらインビテーションが来ました。

ツイートにも書きましたが、年間120回以上かつ合計80万円以上使用で、ゴールドカードにランクアップしてもらえるようです!

「イオンカード」を申請してゴールドカードへの階段を上り始めるならこちら

作り方

無料のゴールドカードの作り方をまとめると、以下の通りです。

  • エポスゴールドカード…1年間に合計50万円以上決済をする
  • イオンゴールドカード…1年間に合計100万円以上決済をする

この2枚の「年会費永年無料ゴールドカード」は、エセゴールドカードではなくて、そのサービスやメリットも、ゴールドカードそのままです。羽田空港飛行場のラウンジも使えます。

年会費無料のクレジットカード作成時のポイント

初年度無料?永年無料?

「年会費無料」と言っても、その言い方には3種類あることをご存知でしょうか?

あまり詳しく知らない方にはちょっと騙されてしまいそうな言い方なのですが、

  • 年会費無料(初年度無料)
  • 年会費無料(条件付き無料)
  • 年会費無料(永年無料)

この3つがあるわけです。「初年度無料」というのは、カードを作成した1年目だけが無料でそれ以降はカード所持費用がかかってしまうということで、本当に無料で持ちたい人にはオススメできません。「条件付き無料」というのは、例えば「年1回のカード使用を条件として年会費無料」という感じです。

ちなみに、年会費無料カードは年会費有料のカードと比べて質が悪いわけではなく、使い方によっては「持っていないほうが損」というようなものもあります。

どこのカードでもいいや、という考え方で損をしてしまう方以外は、メインカードとサブカードを1枚ずつを賢く選ぶことをオススメします!

あと、注意しておきたいのが「無料」と書いてあっても、会員規約の変更が行われて有料になってしまう可能性もゼロではありませんので、自分の所有しているカード会社からの重要通知はしっかり読んでおきましょう。勝手に有料へ変更されることは絶対にありません。

カードブランドの違い

カードブランドで有名なのは「Visaカード」や「MasterCard」です。この表記は「クレジットカードの国際ブランド」と言われています。それぞれのカードブランドで何が違うのでしょうか?

一番の違いは、使える店舗数です。それぞれのカードブランドの世界シェアはこのようになっています。

クレジットカードブランドのシェア率グラフ

  1. Visa:56%
  2. MasterCard:26%
  3. UnionPay(銀聯):13%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

日本で発行されている一番有名なのはやはり「Visa」で、次に「Master」です。JCBも作れますが、世界的にみると日本でしか使えないカードと言われても仕方がないシェア率です。

この中で6番目のDinersClubは、唯一年会費無料カードがありません。年会費がかかるカードなので、エグゼクティブカードと言われ、社長さんやお金持ちの人が所持しているカードブランドです。

クレジットカードを作るときには、カードブランドを選ぶことができますが、上の統計からもわかるようにVISA>MASTER>JCBの優先順位で作るといいと思います。

既に持っているカードブランドがあれば、持っていないものを優先して新規で作るといいと思います。

審査の甘さ

フリーターや無職の人は、果たして自分にもカードは作れるんだろうか?と心配になってしまうと思います。

クレジットカードは発行会社によって審査の甘さがあるわけですが、年会費無料のカードでも「審査の甘いところ」「審査が厳しいところ」が存在します。

審査が通らない原因としては、収入の低さや過去の滞納・未払いなどからブラックリストに入ってしまうことがあります。

それでも、楽天カードライフカードは申し込めば100%に近い承認率でカードを発行してもらえるということで、どんな立場の人も作ることのできるクレジットカードと言えると思います。

年会費無料のクレジットカードのメリットとデメリット

作成と維持に費用がかからないのが最大のメリットな年会費無料のクレジットカード。

そのほかのメリットとしては、上のカード一覧を見てみるとわかるのですが、カードによってポイント還元率が違ったり、海外旅行付帯保険がついてきたりと持っているだけでもお得になることがあります。

ではデメリットは何かというと、

  • 年会費有料になることもある
  • ETCカード発行手数料が有料なことがある
  • 実質年会費無料のこともある
  • 誰でも持っているので被る
  • ステータス感がない

「実質年会費無料」というのは、「年一度のカード利用で無料」とか、「年〇万円以上の使用で無料」とかいう「条件付き無料」のカードのことです。

申し込み時にしっかり理解しておけばデメリットにはなりませんので、注意しておきましょう!

ステータス感が感じられない…というのは、クレジットカードに詳しい人や一部の女性からの意見です。でも大多数の女性は「彼氏がどんなカードを使っているか」はあまり気にならないようです。

でも、僕個人の意見としては、高級なフレンチのレストランで楽天カードとかちょっとダサいと感じてしまいます。せめてゴールドカードとか、上の「ステータス感のあるカード」の中に合った三井系のカードとか使いたいって思ってしまいますね(笑)

年会費有料のクレジットカードのメリットって?

今回は年会費無料のクレジットカードをご紹介しましたが、では「年会費を払うメリットは何なの?」というところを書いて、まとめたいと思います。

  1. ポイント還元率が無料カードよりもいい(時もある)
  2. 付帯サービスがランクアップする

主にこの2つのメリットがあります。

特に、2番目の付帯サービスのランクアップは無料カードと有料カードでかなり差が出ます。

僕は海外旅行に行くことも多いのですが、クレジットカードの旅行保険が自動付帯になっていたり、空港ラウンジが使える点がうれしい点です。

もっと年会費の高いものだと、コンシェルジュ(電話執事)のサービスがついていたり、24時間いつでも電話がかかる医師の健康相談サービスなどがあります。

こういうサービスを使いたいときは、やはり会費が有料のカードを1枚持っておくと周りの人と差別化できると思います。

無料クレジットカードランキング

ここまで読んでくださった方はいるのかわかりませんが、お疲れ様でした!

クレジットカードはうまく使えば、家計節約効果のある素晴らしい道具です。

でも「クレジット(信用)」ありきなので、カードの作りすぎで管理ができなくなってブラックリスト入り…は避けてくださいね(^^;

自分の用途にあったカードを1,2枚持っていればそれだけで十分な気がします。それでは良きクレカライフを!

ネット節約系・稼ぐ系の関連記事はこちら!

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!