「マジ文章書けないんだけど」読んだ内容の読書感想文【前田安正】

「マジ文章書けないんだけど」読んだ内容の読書感想文【前田安正】

 2017/07/25 3.自分磨き
この記事は約 4 分で読めます。
評価は?good-bad-neutral

Webライターの池田です。記事投稿が久しぶりになりました。

わたくしはここ最近体調が悪く、一日寝てる日も多いという病弱男子ぶりを発揮しているのですが、病の床で読んだ「マジ文章書けないんだけど」という文章術の新刊書籍をレビューしたいと思います。

読んで良かった点

「マジ文章書けないんだけど」って非常にキャッチーなタイトルだと思いません?朝日新聞で働くプロの校閲記者前田安正さんが書いたというのも興味がありました。

これが気になって読んでしまったのもあるのですが、いくつかWebライターとして発見があったのでまとめてみました。

「しかしライティング」が載っていた

「読まれる文章術」ということで人気の「しかしライティング」。

今回の「マジ文章書けないんだけど」の中にも、主語と述語の項目でこの例が載っていました。(29P)

このバッグはブランド物なので値段が高い。しかし品質が良くデザインが美しいので、若い女性に人気がある。

この書き方が身につくと、結論がぶれず自然なライティングができるんですよね~。わたくしもライティングの師匠のページをたくさん読んで、勉強中であります。

視点をずらすと世界が変わる(100ページ)

この項目も勉強になりました。「文章によって読者の反応を変えられる」という部分です。

Webライターには、ある程度個人的な考え方を入れる機会があるので、視点のずらし方は参考になります!

「受動態」と「能動態」の使い分けは、しっかりしておきたいですね~。

過去の話の中で現在形を使う(115ページ)

これは小説的な書き方になるとおもうのですが、例えば…

昨日はロフトに行った。そこにあるのは今話題のひんやりジェル!わたくしも早速手に取る。わぁひんやりする

みたいな文ですね。最初の文章は過去形なのに、それ以外を現在形で書くことでライブ感を出すというライティングテクニックのようです。

これはレビュー記事や口コミを書くときにぜひ使ってみたいライティング術でした。

状況⇒行動⇒変化のサイクルで書く

これも独自の視点で良かった点です。

ある状況があって、そこに行動が入ってきて、結局どう変化したのか?というのが人生ですよね。例えば池田の場合だと…

音楽が好きだったオレ。中学校では吹奏楽部に入り、音楽に没頭。その結果今はしがないアマチュア音楽家として生活しているオレ。

みたいな感じですかね。人の行動はすべて「状況⇒行動⇒変化」の順番になっているという分析なので、文章を書くときにもこの3つのつながりを意識するという点。

わたくしはプロの校閲者の考え方を聞いたことはありませんでした。でも「マジ文章書けないんだけど」を読んで、「朝日新聞のベテラン校閲記者(筆者の前田さんのこと)」から文章術を聞けたので、新しい発見がありました。(この文も状況⇒行動⇒変化の例)

とことんWhyを使って書く(173ページ)

一つの文を、とことん「どうして?」で突っ込んでいくスタイル。

文字量が足りないときに、すごく使えるテクニックだと思いました。

一文であっても、「Why」で考えていくことでどんどん広がりを持たせられますよね。これからも使ってみたいです。

結論:初心者向け!

「マジ文章書けないんだけど」は、本当に初心者向けの文章術の本でした。

わたくしはライティングで食っている身なので、ほぼほぼ知っている情報でしたね。

もしもパソコン1台、ライティングで食べていく生活をしてみたいのであれば、一番初期に読んでみると「分かりやすい文章」が書けると思いますよ!

ライティングし終わった文章を客観的にチェックする方法は、次の記事で紹介しています!それではまた次の記事で。

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

評価は?good-bad-neutral

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
アフィリエイトサポートメルマガ登録
本能ハックでは、自由な生き方の一つとしてネットビジネスの「アフィリエイト」を推奨しています。

初期投資が少なく、失敗してもリスクが少ないことから始めやすい副業です。
LifeForce8ネットビジネスサポートメールマガジン

ブログでは言えない話をメールマガジン限定で配信中!
記事のTOPに戻る