彼女と別れるべき?パターン別診断!失って後悔しないために考えたいこと

 2017/10/21 2.メンズ恋愛論
この記事は約 8 分で読めます。
彼女と別れるべきか?
編集長
りゅうさん、いま彼女と別れるべきかすっごく悩んでるんですけど…。
りゅう
えっ?もう好きじゃないんですか?
編集長
好きじゃないわけじゃないけど、なんだかモヤモヤするんです。「このまま付き合っていていいのかなー」って。こういう時にどう考えたらいいのか、アドバイスをしてくれませんか?

とても魅力的だった彼女が、いつしか悩みの種に?!

付き合い続けていくうちに、歯車がかみ合わなくなったような瞬間って、きっと誰にでもあると思います。この記事で、あなたのモヤモヤ原因を一緒にみつけて、彼女と別れるべきかの答えを見つけていただけたらと思います。

Sponsored Link

彼女と別れるべき?!パターン別診断!

AorB選択に迷う

「出会いと別れ」がセットで語られることが多いように、付き合い続けるうちに「別れ」を意識してしまう瞬間ってありますよね。

相手が何か「とんでもないこと」をやったならば、それが決定打となって「別れ」への一歩を踏み出せます。

しかし厄介なのは、相手は特に何もしていないはずなのに、こちらが一方的に「別れ」を考えてしまう時ですよね…。好きなのに、別れるべきか悩む。そのモヤモヤが、どこから来てしまったのか、5つのパターンにまとめてみました!

好きだけど、マンネリ化してしまったパターン

動物学的に考えても「好きだーーー!!」という燃えるような気持ちが一生続くことはとても難しいことなのです…。あなたが今別れを迷っているということは、嫌いになったわけではないからですよね。

「好き」にもいろいろな形があります。

例えば、主に恋愛や家族への「愛情」、大切な友達への「友情」。ペットへの気持ちも「愛情」や「友情」として語られることも数多くあります。どの気持ちへも「好き」の感情がありますよね。

彼女と付き合い始めた時の「ドキドキ・わくわく」から生じる感情だけが、「好き」ではないのです。

よく長年連れ添ったご夫婦は、恋愛から家族愛、そして最後は戦友のような感情になるともいいます。

穏やかな気持ちで「大切だ」「彼女が必要だ」と思えるならば、それは付き合い始めのギラギラした「好き」が形を変えただけだと思います。別れを切り出す前に、もう一度ご自身の気持ちと向き合う時間を持ってくださいね。

ただし…中には「ドキドキ・わくわく」の不安定さが、大好きな人もいます。そういう方は長い付き合いより、短い付き合いを好む傾向もあります。そういったタイプの場合、新しい「好き」を探した方が気持ちが満たされることでしょう!

また、「好き」の反対は「嫌い」と考えがちですが、「好き」の反対は…「無関心」です!彼女へ何も感じなくなったら、相手のためにも早めに別れるほうがいいですね。

他の女性を好きになったパターン

一度に二人の彼女…

「浮気」に関しての定義は、その人やカップルによって全く異なります。

例えば、他の女性をチラッと見ただけで「浮気」認定する女性もいれば、何人の女性の遊んでいようが「浮気」と思わない女性まで…本当に人それぞれです。なので、「浮気」=「別れ」ではありません。

しかしです!!

なぜあなたは、他の女性を追ってしまうのでしょうか?そこが問題ですよね…。

私の個人的な考えとしては、他に目がいくなら別れちゃえばいいのに…と思いますが(笑)。

他の女性の性的魅力につい…、男として単純にモテたい…、彼女への仕返し?!と、理由はあると思いますが、別れるか悩んだときに考えるべきことは1つだけです。

彼女が「大切か否か」。

あなたが他の女性を追っている姿を見て、彼女は喜ぶでしょうか?

ほとんどの場合、がっかりして悲しく惨めな気持ちになるでしょう…。(なかには気づかないふりをして、恐ろしい仕返し策を練っている場合も…)

「浮気」を模索中の方は、彼女が大切な人なのかどうでもいい相手なのか、考えて行動しないと後悔することになりかねません。彼女がどうでもいい相手ならば、ちゃんと別れてから他の女性を追いかければいいことです。何も自ら面倒な状態にする必要はありません。

すでに「浮気」をしてしまった、している方は、なぜそういった状況になっているのか自己分析をしてみましょう。そして最後ぐらいは、「彼女にとって」幸せとなりうる方法を見つけてあげてくださいね。

男女ともに「浮気癖」「依存症」タイプの方は、一度専門医に相談する方法もあります。別れを選択せずに、カップルで立ち向っている方々もいるようです。

「好き」だけど…違和感。将来が考えられないパターン

カップルと時計・時間を考えている

もしかしたら「別れるか悩む」原因で一番多いかもしれませんよね。出会ったころの「好き」な気持ちはそのままあるのに、どこか違う感じが…この人と一生一緒なのはちょっと…という状態です。

この場合、自分の価値観と照らし合わせていく方法が一番近道かもしれません。あなたのOK、NG範囲をはっきりさせていくのです。

例えば、彼女の連絡の遅さが気になったとします。それはあなたにとって重要順位はどのくらいでしょうか?上位へランクインするならば、「別れ」を選択しても後悔は少ないかもしれません。

なぜならば、お互いにつちかってきた価値観や優先順位というものは数日でひっくりがえるものではありませんよね。そうなると、今後付き合いが長くなった時に、常に気になる事項になってしまいます。

その時々の雰囲気に流されずに、自分自身の許容範囲をハッキリ意識しておきたいですね。

もちろん「好き」なわけですから、話し合いで解決できるならばそれにこしたことはありません!お互いに譲歩しながら寄り添っていける関係が、一番理想的ですね。「好き」だからこそ悩むということは、「どうすれば別れずすむか」悩んでいることでもあるわけですから。

彼女は好きだけど、彼女の周りの環境にうんざりパターン

付き合いが長くなったり、大人同士の付き合いの場合、彼女をとりまく友人や親戚などに圧倒されるケースもあります。彼女といる限り、これ(友人・親戚)がついてまわるのか…別れたい…とお悩みのあなた!まずは一呼吸です!

彼女があなたを悩ませる友人や親戚に対して、どのような考えを持っているのか、話し合ってからでも遅くはないですよ。

彼女もすっかり周りと同じ考えならば、きっぱり別れることもいいかもしれませんが、あなた同様彼女自身も周りに振り回されているかもしれません…。彼女と「同士」としての絆を深めて、立ち向えるチャンスかも!!

彼女につりあわない自分が不安パターン

オシャレな社内恋愛の写真

付き合うにつれ、彼女の素晴らしさがひしひしと伝わり…自分じゃ幸せにできていないんじゃ?と不安になったり、経済的社会的問題から、彼女との格差を感じて立場の合わなさが不安になったり…。

「別れ」がよぎる瞬間ですよね。

彼女はあなたが不安に思っていることがらを、どう考えているか聞いてみたことはありますか?

例えば、あなたの収入があなた自身納得いかない額で、自己肯定感も低かったとします。でも、必ずしも彼女もそう考えているとは限りません。自分の不安が、相手が思う不安と同じではないですよね。

あなただけの不安で一方的に「別れ」るのは、彼女にとても失礼なことだと思います。しっかり相手の気持ちも考えてあげてくださいね。

別れを決めたら、必ずおさえておきたいこと3つ!

「立つ鳥あとを濁さず」精神で、お互い気持ちよく一歩を踏み出したいですね。

別れることに決めたら、3つのポイントをご参考に進めてください!

修羅場は回避!

浮気や浪費など、最後の最後に彼女ともめる状況をつくりだすことはやめましょう。

ごたごたした最後だから、後腐れなくスッキリ別れられるわけではありません!「嫌われて別れる」というのは、大人の恋愛ではやめておいた方がいい方法です。

曖昧さは優しさじゃない!

「別れ」を決めたら、「別れの理由」しっかりと相手に伝えましょう。

ハッキリと伝えることは、彼女への最後の優しさです。

ダラダラするよりスパッと!

でも…もしかしたら…と悩みまくるなら、スパッと別れましょう。

お互い新しい世界が待っています!

付き合い続行を決めた時の心構え

「別れ」がよぎった瞬間から、たくさんの「悩み」と「葛藤」の末、今の状態があるわけですよね。

付き合い続けると考えた「決め手」を忘れないようにしましょう!

とはいいつつも、人や関係は常に変化していくものです。

一度ご自身で決断できたあなたです!次に迷いが生じた時にも、しっかりと考えて決断することができると思います。自分を信じて進んでいってくださいね。

まとめ

手をつないで歩くカップル

「別れるべきか」迷った時の、シチュエーション別診断をお伝えしました!

人は「出会い・別れ」を繰り返して生きていきます。

でも、その中で「大切な人」と時間を共にできるのは、どのくらいでしょうか?

「別れ」を選択した方には良縁が、「続行」を選択した方にはますますの幸せが見つかりますように!

次の記事は…もしも彼女が「性格ブス」な女子だったら、相手がかわいくて好きでも別れた方がいいかもしれません…。そんなお話!

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

彼女と別れるべきか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link