美女を落とすための会話術とブーストコミュニケーションの違い【会話商材比較】

先日、「美女を落とすための会話術」という恋愛会話術のレビューをしました。

この教材内容、とても深くて、よく言語化されていて素晴らしい内容だったのですが、似た会話教材に「ブーストコミュニケーション(B-COM)」という教材もあります。

今回は、「美女を落とすための会話術」と「ブーストコミュニケーション」、どちらがいいのか悩んでいる方のための記事を書いてみます。

ライバル教材の共通点と違い。本質は一緒?

100点を取る人

まず、「美女を落とすための会話術」と「ブーストコミュニケーション」なのですが、僕が思うに本質的なところは一緒でした。

どちらの教材も、男性がコンプレックスに感じる

  • 容姿
  • 年齢
  • 経済力

に関係なく、女性を「会話」で落とせるテクニックが書かれています。

2つの教材で学べる、重要なマインドセットと本質的な方向性を3つにまとめると、こうなります。

  • 尊敬される男性像になるのが前提
  • 会話は、女性に楽しんでもらうためのサービス
  • 実践すれば、「人たらし」にもなれてしまう会話術とは、話の聴き方

どちらの教材も、「狙った女性を落とせる男性」が書いていることもあり、共通点は多いです。

上にも書いたように、男性読者が読んでも「これは惚れるわ・・・」とか「着いて行きたくなるわ・・・」という男性像。

どちらも「女性に対するサービス精神」が豊富で、「モテたい」よりも「まず女性に楽しんでもらう」を重視しているところ。

そして、面白い話をするというよりも、二人の距離感が近くなる「話の聴き方」。こんなところをどちらも大ボリュームの500ページ以上の資料から読むことができます。

値段は一緒

 初回アクセス後3日間限定価格
美女を落とすための会話術 19800円
ブーストコミュニケーション 19800円

すごく一般的なことなんですが、何故かこの2教材の値段は一緒なのです。

値段が一緒だと、「どちらの教材のほうが効果があるんだろう?モテるんだろう?」と考えてしまうのももっともだと思います(笑)

違いは?

2つの教材、どちらも素晴らしい内容で、価格も一緒だったのですが、両方を読んでみて「違い」もありました。

返金保証の違い

美女を落とすための会話術は、返金保証がありません。

それに対し、ブーストコミュニケーションは365日以内であれば、返金してもらうことができます

ただ、両方の教材を読んでみた一個人の感想から言うと、どちらも「返品・返金したい」という気持ちは出てこないほど、よくまとまっている内容です。

「効果が出ないから返金してもらいたい」という声があるとしたら、単純に実践不足の問題だと感じます。

とにかく、ブーストコミュニケーションには返金保証があるのは嬉しいですね。

表現方法の違い

ブーストコミュニケーションには、独自の言い回しが出てきたり、表現がすごくフレンドリー(口語的)な特徴があります。

ブーストコミュニケーションの教材は、本当に友達と話している感覚でサクサク読むことができます。

それに対し、美女を落とすための会話術の方は、結構理論的で冷静沈着な感じです。かといって読みにくいこともないので、しっかり読み切れる書き方になっていると思います。

どちらも好き嫌いがあると思いますが、ブーストコミュニケーションの独自の言い回しや顔文字の多用は、こういった情報商材にあまり見ない表現だと思います。

個人的にはどちらも好きなので、問題はなかったのですが、一応「違い」として書いてみました。

フレーズの濃さの違い

美女を落とすための会話術は、「理論編」と「実践編」と分かれているのですが、やはり「マインド」や「考え方」についての内容が多い印象です。

それに対し、ブーストコミュニケーションは、具体的なフレーズが山盛りです。

フレーズがたくさんあるということは、「それを自然な形で言えれば効果はある」ということになります。

しかし、具体的なフレーズがあればあるほど、「発信者(言葉を発する人)」のキャラクターや性格が追いついてこないと、使えないフレーズになってしまいます。

ブーストコミュニケーションの具体フレーズはすごく参考になるのですが、そういった表現を使えない・恥ずかしくて言えないという方もいらっしゃるはずです。

「美女を落とすための会話術」は、「キャラクター的にセリフを言いにくい」という悩みに対応している会話教材(究極の話の聴き上手を目指している)なので、使う人を選ばないと思います。

この点を踏まえ、

  • いろんなプロの使う好反応フレーズを言える人…ブーストコミュニケーション
  • フレーズを覚えるのも使うのも苦手…美女を落とすための会話術

というタイプ別の選び方があると思いました。

 サポート内容の違い

  • 美女を落とすための会話術は、サポート期間が1ヶ月(回数無制限)
  • ブーストコミュニケーションは、サポート期間が3年(回数無制限)

これは、意外と気づけるようで気づけない大きな違いです。

そして、個別にサポートを長く続けてもらいたい場合には、ブーストコミュニケーションのサポート期間は圧倒的勝利です。

こういった会話商材で、3年という長い期間に渡ってサポートをしてくれるのはかなり珍しいです。

ただ、僕の個人的な経験から書くと、「サポートを利用する回数はそこまで多くない」と言えます。

僕のタイプがそうなのかもしれないのですが、「気がついたら、サポート利用できることを忘れていた」という事がよくあります(笑)

3年間メールサポートがついていたからといって、サポートを活用しまくる人は多くないというのが予想です。

しかし、恋愛やコミュニケーションのプロに3年間という期間、メールでなんでも相談できるというのは大きなメリットです。

恋愛に関する異性との会話のお悩みから、
なんと職場での同性との会話のお悩みまで、会話・コミュニケーションに関する
お悩みであれば、随時お待ちしていますので、お気軽にメールをお願いします。

ブーストコミュニケーションのサイトにも、上のような教材作者さんからのメッセージがあります。

僕は、どちらの教材のサポートにも1回ずつしか連絡していないと思うのですが、しっかり返信をしてもらえたので満足でした。

美女を落とすための会話術とは?

参考までに、美女を落とすための会話術についてですが、詳しくは以下のレビューをご覧ください。

「会話術」というタイトルが陳腐に感じてしまいましたが、「最強の聴き上手になれる教材」という評価ができるほど、内容がよくまとまっています。

ブーストコミュニケーションとは?

当サイトでは、まだブーストコミュニケーション(B-COM)のレビューを扱っていないのですが、作者は日刊SPAなどの雑誌にも掲載されている「Saiさん」という方です。

ネットナンパ師ということで、ファーストコンタクトから女性との距離の詰め方がすごくうまい方です。

そのSaiさんが書いた、女性から「2人で会いたい」と言ってもらえるところまでの鉄板トーク術が、ブーストコミュニケーションです。

教材を読んでいても、「これは女たらしだ・・・いや、人たらしだな」と思うくらい考え方やコミュニケーションテクニックの面で、参考になる内容でした。

そこで、2018年に新しく出た「美女を落とすための会話術」と比較をさせてもらう対象になった、という流れです。

美女を落とすための会話術が合っている人

在宅のカップル

共通点や違いを比較してきたところで、最新の恋愛会話術である「美女を落とすための会話術」が合っている人は、次のような人でした。

  • すでに知っている人相手に使いたい
  • セリフや定番フレーズを覚えるのが苦手
  • キャラクター的に明るくなく、比較的おとなしい性格
  • 自分が話すよりも、相手に話してもらえたほうが楽

こんな方は、「美女を落とすための会話術」のノウハウが合っていると思います。

ブーストコミュニケーションが合っている人

海辺の美女

ブーストコミュニケーションのほうが良いという方は、こんなタイプの人です。

  • 街で見かけた人、知らない人相手にも使いたい
  • 全く見知らぬ人と仲良くなるために、積極的に近づける人
  • 積極的に話しかけた上で、距離を縮めるスピードを早めたい人
  • トーク術で会話をリードして、引っ張っていきたい人

ブーストコミュニケーションは、まさに「ノウハウ」なので、そのとおりにできれば効果ははっきり見えると思います。

しかし、刺さるフレーズ(セリフ)を言えるか言えないかはあると思います。ブーストコミュニケーションには、「イケているフレーズを言えるようになるための人格形成術」みたいな、恋愛体質づくりも書いてあるので、そちらも参考になります。

まとめ

今回の「美女を落とすための会話術」対「ブーストコミュニケーション」ですが、一言でまとめると、こんな感じになります。

「攻め」のブーストコミュニケーション、「守り」の美女を落とすための会話術」

ちなみに、攻めでも守りでも女性の心は動くと思いますし、「相手にとっての特別な人」になることができると思います。

その理由は、どちらの教材も「女性の気持ち第一」というところで、しっかり相手の女性を見ているからですね。

この比較記事も参考に、一生モノのコミュニケーション能力を身につけてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!