暗号通貨でお金を増やす方法【投資のキホンがわかる!】

投資のイメージ画像

coincheckアプリ

楓音
たった1万円を、どうやって増やしたらいいんだろう?
フクロウ博士
バサバサバサ~

ん?また暗号通貨への投資で悩んでおるようじゃの?

では今回は、「暗号通貨でお金を増やす方法」という怪しいテーマで話してやろう。

投資の概念

暗号通貨に投資する概念は、「金(ゴールド)を買う」というのと似ています。

例えば、暗号通貨を象徴する代表的なビットコインは2100万BTC(ビットコインの通貨単位)までしか発行されません。意外と少ないですよね。

金も、地球上に存在する資産としては限定性があります。そこで、「限定性のあるモノの価値は高い」という考え方から、投資というものが始まるわけです。

楓音
限定性があったり、貴重なものには値段が付くということだね?
フクロウ博士
そういうことじゃ。

逆に、日本円は限定性があるか?というと、日本銀行の一存で紙幣も貨幣も自由に発行できるんじゃ。今現在は日本という国に信頼性があるから日本円は高くなっておるが、「有事の金(キン)」という言葉もあるように何かあった時には「円」より「金(キン)」なわけじゃの。

暗号通貨は信頼性ゆえに投資されている

暗号通貨は金(キン)と違って実体がないのに、どうしてそこまでお金を払う人がいるの?と疑問に感じると思います。これは僕もそう思っていました。

しかし、暗号通貨のベースになっている「ブロックチェーン」という仕組み自体が世紀の発明とも考えられていて、このブロックチェーンの仕組みゆえに暗号通貨は「とてつもない信頼性」を備えているのです。

それで、実体がない(仮想)とも考えられる暗号通貨に注目して、暗号通貨が発行されるたびに世界各地から我先に、と購入者がネット上に集まっているんですね。

1万円をどうやって増やす?

さて本題の「1万円をどうやって増やす?」というところに移っていきます!

まず代表的なビットコイン、僕が買ったときには1BTCが約500,000JPY(日本円)でした。

さすがに50万も投資できないので、わかりやすく5000円分買ったわけです。つまり0.01BTCです。

楓音
ごめんなさい。1万円すべてビットコインに買ったわけじゃないのですが、ここからはわかりやすく僕の買った暗号通貨をすべて合わせて10,000JPYのお金がどう増減するかを考えてみます。

最初買ったときに10,000JPY=0.02BTCだったとします。

フクロウ博士
ここから、暗号通貨のBTCの値段が上がれば、日本円も上がることになるの。

逆に、BTCの値段が下がれば、お前さんの1万円は1万円以下になるんじゃ。

楓音
どういうこと?

1BTCの価格がどのように上がるかというと、1BTCが欲しい人がたくさんいれば、その価値が釣り上がっていきます。

なぜそうなるかというと、買う人が増えると1BTCの価値が高まって、「おっみんなが買っているから価値がどんどん上がっている!じゃあ私も買わなければ!」という形で買う人がどんどん集まってきます。

暗号通貨を買う人が増えれば、日本円も増える

楓音
じゃあこういう感じで日本円が10,000円以上になっていたら、暗号通貨の価値が高いということなんだね。
フクロウ博士
そういうことじゃ。

もし1万円を増やしたいということだったら、この「上がったタイミング」で売ればいいわけじゃな。今売ったら480円を投資で得たことになるんじゃ。

楓音
でももっと上がるかもしれないよね。とりあえず放っておこう!

3日後…

楓音
大変!ビットコインの値段が下がっちゃったよ…!

ビットコイン急落

フクロウ博士
暗号通貨の変動は激しいからの。

1万円を割ってしまった総資産

総資産も下がってしまいました…。持っていた1万円以下になってしまったということ。

つまり、1万円を増やすにはどうすればいいの?

王道な答えですが、「安い時に買って高い時に売る」です。そしてその時に出たプラス分を、暗号通貨の値段が下がった時にまた投資します。

楓音
それができれば誰も苦労しないよ…。

ということで、正直1万円だけを使って暗号通貨投資しても、よっぽど努力しないと資産を一気に増やすことは難しいです。

具体的によっぽどの努力というのは、画面の前に張り付いて「短期売買」を繰り返すこと。それこそ暗号通貨の値段は1分ごとくらいに上下します。ある程度大きく動くには5分~10分くらいが必要ですが、少ない金額を効率よく増やすには「短期売買」しかありません。

もう一つは「長期売買」という方法がありますが、例えば1万円が2万円になるには、ビットコインの価格が今の価値の2倍(1BTC=100万円)にならないといけません。

逆に、たった1万円しか暗号通貨に変えていないとしたら、現在の暗号通貨の価値が将来2倍になっても、2万JPY(日本円)にしかならないわけです。1万円得するといえば得なので、銀行に入れておくよりかは効果的かもしれませんが^^;

僕は1万円を短期売買で増やすつもりはあまりなくて(面倒くさいから)、1BTC=100万円になる時を気長に待ちます。

1万円を2倍以上にできるICOの存在

しかし、短期でも1万円を暗号通貨で増やす方法が存在します。それがICO、つまり新規上場暗号通貨の存在です。

フクロウ博士
ICOは初めてのことばじゃったな。カンタンに説明するぞ。

現在暗号通貨は2000種類以上といわれていますが、その中で本当に価値のあるのは300種類ほどだそうです。

最近ではビットコインに次ぐ第二位の「イーサリアム」という通貨の価値が高まっていたり、マイクロソフトが関係している「リスク」という暗号通貨の価値が値上がりしています。

この2つの価値が上がっているのは、暗号通貨の信頼性+独自の仕組みがあるからです。

このような後発であっても、特別な価値を持つ暗号通貨がこれからも発行されると思います。こういう「新規の暗号通貨」はICO(日本語ではクラウドセールの方が有名)と言われます。

実はこのICOは、暗号通貨のプレセールみたいなもので短期で1万円が10万円に変動したりします。(単純に新規発行の暗号通貨の価値が、10倍になるという意味で)

フクロウ博士
実際ビットコインの初期(2013年)の価格は2万JPY(ジャパニーズエン)ほどじゃった。それが今は50万円じゃからな…。

ビットコインが安い時に買っていた輩は、ぼろもうけじゃな!

ICOをうまく買うことができれば、短期でも1万円を10万円にすることもできるかもしれんの。

しかし、このICOは「プレセール」ともいえる存在です。普通のショッピングでもプレセールは限定販売だったり、並んだりしないといけないわけですよね。

ICOの情報をうまくキャッチするには、暗号通貨関連のWebサイトをよくチェックする必要があります。僕は「ICOクラブ」というところで情報を仕入れています。

暗号通貨最新情報倶楽部

暗号通貨の投資方法まとめ

僕個人としては暗号通貨は「将来性のあるゲーム」のようなイメージでやっているので、そこまで本気で資産を増やそうとは思っていません。でも、暗号通貨がこれから世界中で使われる通貨になるのは間違いありません。

1万円を増やす方法について考えるだけでも、すごく勉強になりますよね。

今までの株やFXといった投資よりも、気軽に参入できるのが面白いところだと思います。今大注目の暗号通貨の情報を、初月無料で知りたい方はこちらからどうぞ!

この記事の続きは、1万円分の暗号通貨を3か月所持したその後…をお読みください!▽

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

投資のイメージ画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!