アフィリエイトリンクはクリックされるのにCVしない原因と対策

 2017/11/23 1.WEBで稼ぐ方法
この記事は約 6 分で読めます。
失敗

なぜアクセスは流れているのに売れないの?

アフィリエイトをやっていると、「アフィリエイトリンクはクリックされるのに、CV(コンバージョン:成約)しない」ということがあります。

今回は、クリックorタップはされるが成約しない、という時の原因と対策を考えてみましょう!

Sponsored Link

考えられる5つの原因

まず、アフィリエイトリンクがクリックはされるもののCVしない時の5つの原因です。

  1. 売れる商材ではない
  2. 広告主のLPの出来が悪い
  3. 記事とは関係ないリンクを踏ませてしまっている
  4. 教育できていない
  5. 検証できるほどアクセスが足りていない

それぞれを、詳しく解説します!

売れる商材・ジャンルではなかった

問題に躓く

まず、あなたが扱っている商材・ジャンルが売れるものではなかった、という可能性があります。

あなたのリンク先で扱っているモノは、アフィリエイトで稼げる商材なのでしょうか?売れないものにアクセスを送っても、結局売れません。

売れる広告やジャンル、というのはある程度決まっていたり、その年のトレンドなどがあるのですが、もし直接ASPに聞いた「売れる商材」でない場合は、そもそも売れないという可能性が高いです。

扱っている広告でCVしない場合は、ASPに問い合わせて「売れているか?」というのを聞いてみた方がいいかもしれません。ASPに担当さんがいる場合は、親身になって相談に乗ってくれますよ!

A8.net等だったら担当はつきにくいですが、EPCなどを見てチェックできますね。

広告主のLPの出来が悪い

成功と失敗

2つ目に、広告主のLP(ランディングページ)がよろしくない可能性があります。

大抵僕たちアフィリエイターが記事内に何かしらのアフィリエイトリンクを貼った場合、とび先のURLはLPに移動すると思います。LPに移動しない場合は、別の原因を当たってください。

LPが悪い…と思われる可能性を調べる方法は、3つあります。

  • あなたが欲しいと思うか?
  • スマホで見た時に、印象はよいか?
  • 申し込みや購入が面倒くさくないか?

これを、ユーザー目線になってチェックしてみてください。

そもそも大した商品じゃなくて「欲しい」と思わせられないLPだとしたら、あなたのサイトに訪れている読者も買うわけがありません…。

スマホ対応しているかは重要で、タップされていてもLPで申し込みしづらかったらやはりCVしません。

もしライバルが扱っていなく、あなたが一番のり!というような場合でも、その広告のLPがダメダメなので、ライバルが扱っていなかったのかも……(;´・ω・)

売れる広告の見分け方は、こちらの記事も参考になります。▽

記事とは関係ないリンクを踏ませてしまっている

スタートとステップ

3つ目に、関係ないアフィリエイトリンクを貼っている場合、クリックはされるもののCVしないということがよくあります。

商標メインの記事でない場合に起こりやすい現象ですね。悩み系キーワードとか、ずらしキーワードによる集客をして、アフィリエイトリンクを設置したのに買ってもらえない……ということです。

例えてみると、テレビドラマを見たいのにミュージカルに無理やり連れていかれるかのようなイメージでしょうか(笑)

「自分では親和性があると思うんだけど…」という声が聞こえてきそうですが、実際にアフィリエイトリンクがクリックされているものの、CVしていないという事実が「うまくアフィリエイトできていない」ということです。涙を呑んで現実を認めましょう( ;∀;)

商標ワードでページを作った場合には、アフィリエイト商品やサービスへのリンクは必須です。しかし、悩みワードやずらしたキーワードの記事にアフィリエイトリンクを貼る場合は、記事と関係ないアフィリリンクになっていないかもう一度「ユーザー目線」で見てください。

教育できていない

人間の欲求

4つ目は、購入プロセスを無視したアフィリエイトリンクを貼っている場合です。

上のポイントでも考えましたが、記事と関係ないアフィリエイトリンクは、クリックされても成約するほど気持ちが高まっていません。喉が渇いていない人の目の前に水を置いたからといって、飲んでもらえないのと一緒です。

CV率が高い例として、メルマガアフィリエイトの成約率が高い理由をあげられます。この場合はしっかりメルマガやステップメールなどで読者が「必要性」を感じ、「買う気」になっているんですね。

サイトアフィリエイトの場合は、検索エンジンから読者がやってくる場合がほとんどだと思いますが、その読者は「商品を買おう」としてやってきているわけではないかもしれません。

「購入意欲がまだ高まっていない読者」に無理やりアフィリエイトリンクを踏ませても、結局はCVしないという現実があるわけです。

この問題を解決するために、サイト内で「商品を欲してもらう為」の関連記事を作ったり、全体的な記事バランスを変えて「教育記事」のようなものを用意するといいかもしれません。

検証できるほどアクセス数が足りていない

右肩上がりのグラフ

最後の5つ目のCVしない原因は、アクセス不足です。

たとえば10アクセスで物が売れる場合は、「既に買う予定の読者が、商標ワードで検索してきてあなたのページから買う場合」のようなときに限ります。

もしくは「とても悩みに悩んでいて、あなたのページで紹介されていた商品がドンズバだった場合」です。

検証できるアクセスが来ていないのに「買われない…」となってしまっている人が多いような印象も受けます。検証のため、あなたのページへのアクセス数は少なくとも300アクセスくらい呼んでください。そのうちの50人くらいがリンクを踏んでいてもCVしない場合は、上に書いた3つの原因を振り返ってみてください。

クリックされるけど成約しない時の復習

最後に、今回考えた点を復習してみましょう!

  • 売れない商材・ジャンルである
  • 広告主のLPの出来が悪い
  • 記事とは関係ないリンクを踏ませてしまっている
  • 教育できていない
  • 検証できるほどアクセスが足りていない

5つの原因があり、それぞれに対処方法がありました。

アフィリエイト初心者の人やマーケティングが苦手な人の場合、特に「アクセスはあるのに買われない…」「クリックはしてもらえるのに買われない…」という状態になりがちです。

今回の記事を参考に、原因を探って対策をしてみてください!ユーザー目線になれば、こういった原因と対策が見えてくるので、ユーザー目線のトレーニングをすることもオススメします▽

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

失敗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link