腸内洗浄の効果って?腸内デトックス5つの良いとこ・3つの悪いところ

 2017/10/13 5.カラダの悩みと解決策
この記事は約 9 分で読めます。
腸内環境のイラスト

腸内を綺麗にして健康になれる「腸内洗浄」。

先日、とある情報筋から「コーヒーエネマ(浣腸)」のことを聞いてからずっと試したいと思っているのですが、今回は腸内を掃除する効果やメリット、デメリットについて調べてみました。

Sponsored Link

もしかして:腸内デトックス?

まず初めに、「腸内洗浄の効果」という内容に関心があるあなたに、関係ありそうなワードを紹介します。

それは「腸内デトックス」です。

デトックスというのは、体内に溜まった毒物を排出することです。とくに腸内にはご想像の通り普段の生活では取り除くことのできない宿便がたまっていたりするようなので、デトックスが有効です。

腸内洗浄と腸内デトックスの関係については、

  • 腸内洗浄…主に肛門から液体の挿入によっての浣腸(かんちょう)
  • 腸内デトックス…浣腸を含む、腸内掃除全般。食品・断食でのアプローチ。

こんな感じでイメージしていただければと思います。

ということで、今回紹介する「腸内洗浄の効果」というのは、腸内環境の改善をするとどんなことが起きるの?という風に解釈していただければ幸いです^^;

腸内洗浄の驚くべき効果

腸内洗浄のいいところ・わるいところ

最近の医学会では「腸は第二の脳」と言われているように、腸が元気だと体全体の調子がよくなることになります。腸内洗浄のメリットを5つ厳選してみました。

便秘解消

腸内がスッキリすると聞いてまず出てくるのが「便秘解消」です。

女性に多いようですが、実は男性にも多い便秘。生活習慣の乱れによって出るものが出なくなっている場合に、強制的に排便する腸内洗浄が有効です。

男性の人に多い、「おならが臭い…」「便の後、強烈な臭いがするからトイレに家族が入ってほしくない…」などの悩みを抱える悩みですが、原因は体内に長期滞在している老廃物(便)が存在しているからです。

よくよく考えてみると人間の体温は36度前後。夏の猛暑日と変わらない温度です。夏に生ごみを放置していると吐き気がするような臭いがしてくるのと同じく、便秘を放置しておくのはニオう体を作ってしまう原因になるということ。

便秘の方はもちろん、便やおならが臭い方は一度腸内洗浄をした方がいいかもしれません。

大腸がんの予防

老廃物が腸に残ったままになっていると、その老廃物に「悪玉菌」というのがワラワラと増えてきてしまいます。善玉菌や悪玉菌という言葉を聞いたことがあると思いますが、悪い方の菌によって大腸がんなどになりやすくなってしまいます。

それで、腸内洗浄によって腸内の全体的な健康を守ってあげられるわけですね。

アンチエイジング(美肌効果)

女性には嬉しい美肌効果。もちろん男性でも少しは期待しています。

腸の働きを例えるなら、「木の根っこ」ということになります。つまり、木の根っこがうまく機能していなければ樹の幹や葉、実まで元気になれないということ。

逆に腸内洗浄によって根っこがしっかり働くようになれば、食べた食べ物の栄養素がしっかり体内に取り込まれ、その結果肌がきれいになったり顔色がよくなったりするということです。

木の根っこに変なものがびっしりついて、栄養をとれなくなっている状態を改善できるのが「腸内洗浄」ですね。

ダイエット

腸内洗浄はダイエット効果も期待できます。

その理由としては、単純に「排便促進」による体内老廃物が流れ出ることで体重減少。

もう一つは、腸の調子がよくなることによる新陳代謝の改善です。腸で十分消化吸収が行われるようになるので、痩せやすいカラダになれるわけですね。

口臭・体臭対策

僕が個人的にプッシュしたい腸内洗浄の効果がこの「口臭・体臭に有効」です。

人間の体って「筒」のようになっていて、口~肛門までが一直線になっているんですよね。腸は肛門近くにあって口臭と関係していないように思えても、やはり管で繋がっているので腸内の調子が悪いと変な口臭になったりします。

同じように体内に老廃物が多い状態だと、カラダも臭ってきます。ちょうど、ゴミ箱の蓋はしっかり占めているのに中の生ごみが臭ってくるような…そんな感じです。

口が臭い、体臭がきつい、と思っている方はデオドラントを使ったりするよりも腸内洗浄が効果的かもしれません。

腸内洗浄のデメリット

おなか回りが変化しない

腸内洗浄のメリットは大きいですが、少なくとも3つのデメリットがあるので覚えておきたいですね。

自力で排便できなくなるリスク

浣腸での腸内洗浄をした時、強制的に排便させるゆえに腸そのものの力が弱まって、自力で排便できなくなってしまうのではないの?ということです。

調べてみると、「浣腸慣れ」してしまうと、確かに排便しづらくなることもあるようです。でも、定期的に腸内洗浄をすることによって、正常な排便ができるようになるようです。何事も習慣からです。

あと、腸内の大便すべてが排出されると、新しい便を作るのに時間がかかって2~3日排便できないこともあるようです。

食べ物や断食による「腸内デトックス」であれば、腸が弱まることはないので安心です。

善玉菌が減ってしまうリスク

腸内洗浄をすると、老廃物にくっついている「悪玉菌」が流れ出ますが、同時に良い腸内細菌である「善玉菌」も流れ出てしまうことがあるようです。

腸内をいったん掃除できたら、ヨーグルトや発酵食品などを積極的に摂って、腸内の善玉菌の量を元に戻してあげるとよいようです。

腸内メンテナンスには費用がかかる

最後のデメリットは、「腸内洗浄は高い」ということです。

お医者さんで本格的にやるとしたら1回2万円くらいはかかりますし、自宅でもキットを買うだけで7000円ほど、そしてその後も洗浄液(オーガニックコーヒーなど)が必要なのでランニングコストがかかります。

腸内デトックスをやる時には「酵素ドリンク」などを使いますが、酵素ドリンクも1Lで7000円ほどするので、どうしても費用は掛かってしまいますね。

しかしその分、腸内をしっかり掃除できるメリットも多くあることを思い出して検討してみていただければと思います。

腸内洗浄が「効果なし」と感じる原因は?

まず、「腸内洗浄には医学的な効果が得られる証拠はない」という事実があります。

しかし、分かっていることもあり、腸の調子を整えるには、細菌叢(さいきんそう)、つまり腸内の菌のバランスがとれていることがポイントになるようです。

腸内洗浄をすることで排便を促して悪い菌が減りますが、善玉菌が自然に増えていくわけではありません。

腸内洗浄に何を求めるかで効果は変わってきますが、腸内洗浄の効果で期待できるのは「老廃物(便)の強制排出」というところにとどめておいた方がいいような気がします。

例えば便秘が解消しない、依然としておなかにハリがある…という時には、排便以外に問題があるということになるかもしれません。乳酸菌やビフィズス菌をとったり発酵食品を食べることで、別のアプローチから腸内環境の改善に取り組むことも必要なようです。

腸内洗浄でダイエットはできる?

体重計を見て驚く女性

答えから言うと、「人による」らしいです。

腸内環境がよくなることで、体調に良い影響はあるそうですが、体重を減らすダイエットは究極の所

「消費エネルギー>摂取エネルギー」

になる時のみ効果が表れるわけです。腸内洗浄をした後にジャンクフードや油ものを食べてしまうと、腸内菌類が流れ出てしまって弱まっている腸に大打撃になったりします。

腸内洗浄でダイエットを期待している方は、可能な限り洗浄後の食生活に気を配ったほうがよさそうです。

腸内洗浄で体重は減るの?

これは体験談を読んでいて感じたことなのですが、よくおなかが痛くなり大便の回数が多い人でも、1メートル近い宿便が出てくることもあるようです。

そんなものが体の中にあること自体が驚きですが、その宿便が流れ出ることで一時的に体重が減る方もいるようですね。

とはいえ、腸内洗浄をする時には水分摂取もしているので、大きな体重の減少は期待できないのではないかと思います。

腸内洗浄効果のある食べ物って?

種類豊富な野菜の写真

腸内洗浄効果のある食べ物をいくつか紹介します。今回取り上げたように「腸内洗浄(浣腸)」以外にも、食べ物で腸内を綺麗に保つことは可能です!

水を飲む

あまりにも基本的過ぎて忘れがちな水分補給。水分をしっかりとって運動したり、おなか回りをマッサージするだけでも、腸内の毒素を排便しやすくなります。デトックスの基本は「水」です!

食物繊維

こんにゃくやさつまいもなどに含まれている食物繊維。とくにさつまいもを食べるとおならが出やすくなりますよね。これは、さつまいもを食べることで消化器官がぜんどう運動(伸び縮み運動)をしてくれるので、腸が元気に動いてくれるからです。

腸内を綺麗にしたいのであれば、まず食物繊維を摂取してみてください。ただ、食べ過ぎると逆に便秘の原因になってしまうので極端に食べないようにご注意。

オリゴ糖

オリゴ糖は、甘味料としてスーパーで買えたり、キシリトールガムなどに入っていますよね。

大量に摂取するとおなかがゆるくなってしまう食べ物です^^;

既製食品によく入っているイメージですが、自然食品だと「きなこ」「いんげん」「ごぼう」「あずき」などに多く入っているようです。でもやはりメジャーなのは製造されたオリゴ糖ですよね…。

乳酸菌

乳酸菌が入っているのは、「発酵食品」。

ヨーグルトやチーズ、キムチや納豆などの発酵食品を意識的に食べると腸内洗浄効果を期待できます。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、腸内に最も多い菌です。1兆~10兆のビフィズス菌が腸内に存在しているらしいです。

赤ちゃんの体内にあるビフィズス菌は生涯で一番多いようで、加齢とともに減っていくそうです。赤ちゃんの便があまり臭くないのはビフィズス菌のおかげなのかもしれません。

腸内の菌バランスを整えて腸内洗浄の助けになるわけですが、ビフィズス菌は一部のヨーグルトやチョコレートに入っています。サプリでも摂取できます。

酵素ドリンク

僕は腸内環境改善から「酵素ドリンク」というのを発見したのですが、酵素ドリンクとは何かというと…

野菜や果物など食物繊維を多く含む食品を、乳酸菌や酵母菌発酵させたエキス

のことを言うようです。

つまり、酵素ドリンクは上に書いた「腸内洗浄効果のある食べ物」を凝縮した液体ということになるんでしょうか。早速飲んでみたくなります(笑)

腸内洗浄の効果まとめ!

今回は「腸内を綺麗にすると体にこんな効果があるよ!」ということを考えてきました。また腸内環境のバランスを良くする食品なども紹介しました。

腸内洗浄を健康のためにやる場合、治療ではありませんし「誰にでも効く万能薬」ということでもありません。

ただ、第二の脳である腸内の状態をベストに保つのは体のメンテナンスの基本なのかな、と思ったので自分でも挑戦してみたいと思っています!

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

腸内環境のイラスト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link