自腹購入したCatch the Writingレビューと3つのライティング商材を徹底比較!

パソコン一台で稼ぐイラスト

Webライターの池田です。お久しぶりです!

アフィリエイト広告を貼った記事はたくさん書いているのに、どうもモノが売れない…。

そんなお悩みを持っている方は、ライティング商材を読んでみた方がいいかもしれません。

今回はわたくしが自腹で購入した「Catch the Writing」というライティング商材の内容レビューと一緒に、

という3つのライティング教材を比較してみたいと思います!

2018年9月追記:現在、The Essenceというライティング教材が購入できるようになっていて、こちらもライティング初心者~中級者まで対応できる内容です。▽
  • 値段比較:The Milion Writing<The Essence<Catch the Writing<才ゼロ
  • Webライティングを伸ばしたいなら:才ゼロかTheEssenceかCatch the Writing
  • セールスライティングを伸ばしたいなら:The Million WritingかCatch the Writing

全て以前購入したもので、事あるごとに読んでおります。ライティング教材の購入を迷っている方の参考になれば幸いです!

Catch the Writingって?

 

Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)って?

Catch the Writingは、株式会社Catch the Webの創業者横山ナオさんの約4時間にわたるライティングセミナーの動画です!

個人的には、パソコンで記事を書いて収入を得たい方は見ておいた方がいい内容だと感じました。その理由は続くレビューをご覧ください。

Catch the Writingの内容レビュー

重要なところは内容ですよね。内容のほうは、成功できるライティングの考え方から、具体的なテクニックまで幅広く網羅されている印象でした。

実際に見てみて、「なるほど!そう考えればよかったんだ」という考え方の面での発見が大きかったです。わたくしもかれこれ10年以上Web上に記事を投稿しているのですが、主に日記のようなものしか書いておらず、「売るための考え方」というのはいろいろ気付きが大きいです。

でも正確に書くと、Catch the Writingでのライティングスキルというのは「売るためのライティング」ではなく、さしずめ「読者が買いたくて仕方がない状態を作るライティングスキル」といったところ。

その結果、売り込みをしなくても買ってもらえるライティングができるということで、いやはやスゴイ技術だと感じたわけであります。

Catch the Writingには90日の返金保証がありますが、アフィリエイターやWebライターなら返金保証を使うのがもったいないと感じるほどの充実感がある内容です。

ライティングを教材で学んだ方がいい理由

ライティングの教材はWebにも、一般書籍にもたくさんあるのですが、個人的には一つの教材なり商材で体系だって学んでみるのがよいと感じております。

というのも、ここ数年はWeb上にもありとあらゆるライティング技術向上の記事があるのですが、そういった記事を投稿している人が反応のとれる記事を書いているか?というとナゾなんですよね、はい。

しかし、一通りそろって販売されているライティング教材というのは「文章で結果を出した人」というのがわかっているので、確かなノウハウなわけです。

その証拠に、それぞれのライティング教材の販売ページは教材作者さんご本人が書いているので、いろんなテクニックが入っていてグッと引き込まれると思いますよ。

ライティングを学ぶのにCatch the Writingでなければいけない理由はないですが、一家に一つはライティングをaからzまで学べる教材を持っていた方がいいというのがわたくしのささやかな持論であります。

学んでみてよかったところは評判通り!

Catch the Writingの評判は、セミナーの参加者がこの教材になら3万円ほど出してもいい!というほど高評価のもの。

わたくしも、初心者~中級者、そしてライティングの基礎固めができていない上級者(?)にもオススメできる内容だと思いました。

一番よかったところは、動画教材なのでいつでも見たり聞いたりできるところでしょう。忙しい現代人が長い本やPDFファイルを読むのは骨が折れますから。

Catch the Writingの動画を何度も見て聞いていると、ライティングスキルの8割を占めるといわれている「マインドセット」のところから変わって、売れる文章を書けると思います。

悪かったところは?

悪かったところは、コピーライティングや商品を売るランディングページ制作がメインになっていたところです。

そもそもCatch the Writingのコンセプトが、コピーライティングなのでコンセプト的に仕方がないのですが…。汗

わたくしはWebライターとして声を上げて言いたいのが、「コピーライティング」と「Webライティング」は違うということ!Webライティングは、売る記事以外の情報系の記事も書けるスキルのことです。

Catch the Writingを見るとWebライティングの技術も向上するとはいえ、まとめサイトや情報サイトの記事を書く技術を高めたいのであれば以下に紹介している「才ゼロ」の方がオススメと言わざるを得ません。

しかし、パソコン1台を収入源にできる一般的なライティングスキルアップにCatch the Writingは非常に効果的です。一番大切な「考え方」のところが学べるからです!

Catch the Writingで、文章だけで人を動かせる最高のセールスマン(売れる記事)を産出する方法が知りたい方はこちらからどうぞ。

Catch the WritingとThe Million Writingの比較

壁を感じているイラスト

さて、当記事の第2部では、他のライティング教材と比較したい方のための内容を書いていきますよ。

The Million Writingについて知らない!という方のために、1行で概要を紹介します。

3980円という格安で年収10億円以上のコピーライターの教えを学べるライティング商材

です。

それでは短い前置きはこれくらいにしておいて、早速比較してみましょう(笑)

The Million Writingをわたくしが購入したのは2015年のことだったと思うのですが、この商材は2013年に登場したようです。

Catch the Writingは2016年年末発売なので、約3年の差があるわけです。

実はこの3年の差が非常に大きくて、Catch the WritingとThe Million Writingは大きな違いが出ています。

一番大きいのは、

  • Catch the Writing…共感や信頼要素が強めのコピーライティング
  • The Million Writing…セールスや煽り要素が強めのコピーライティング

というところです。

消費者の考え方や警戒心もこの数年で急激に変化していて、スマホ世代の人は以前のライティングによくあった「煽り」や心理術戦に対する耐性ができてしまっているんです!

読者や消費者に大きな変化があるので、今The Million Writingを読むと役に立つ部分もあるとはいえ、今通用するのは最新マーケティング情報も合わさっているCatch the Writingだなと感じるところが大きいです。

The Million Writingはこんな人にオススメ

比較してみて、それでもThe Million Writingをオススメしたい人は、コピーライティング上級者でしょう。

以前から、The Million Writingは値段も安く内容も濃い長所があるものの、初心者にはかみ砕くのが難しい内容と言われています。購入してみてビックリするのが、大量の文章(PDFファイル)ですしね。

そう考えると、Catch the Writingは全編動画で学べるので初心者~最新のライティングスキルを学びたい上級者までストライクゾーンが広い教材ということですね。

あ、あとはThe Million Writingには365日返金保証があります。これも大きいですね。

Catch the Writingと才ゼロの比較

スピードの違いのイラスト

文才ゼロから始めるWeb記事執筆術、略して「才ゼロ」。

このWebライティングの教材はあまり有名ではないのですが、何を隠そう上に書いた「The Million Writing」の作者である宇崎さんという方が推奨しているライティング教材なんです。(左は宇崎恵吾さんの才ゼロ特典のページ)

ではCatch the Writingと才ゼロを比較してみるとどうかというと…

  • Catch the Writing…マーケッター側からの解説
  • 才ゼロ…初心者読者目線での解説

ざっくり書くとこんなところで、才ゼロはとにかく内容がやわらかく、ゆっくり、優しく学べます。

Catch the Writingが超デキる家庭教師がバリバリ教えてくれるライティング教材だとしたら、才ゼロはやさしいお母さんがマイペースで優しく教えてくれるライティング教材みたいな感じ。(笑)

モチベーション上げてがっつり学びたい人はCatch the Writing、マイペースでゆる~く学びたい人は才ゼロが良さそうです。

後は、まったく文章が書けない方だとCatch the Writingの内容が難しく感じるかもしれないので、ゼロから始めるとしたら才ゼロがいいと思います!

才ゼロはこんな人にオススメ

才ゼロは「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術」なので、本当の初心者が早めに読んでおくといいライティング教材です。

わたくしも2016年に初めてこの教材を読んだときには、「これはすごい!」と驚きを隠せませんでした。同業者のライターさんも一緒に読んで、ワイワイ楽しみました。

才ゼロは「売るライティング」ではなく「読者ファンを作るライティング」なので、そのあたりの方向性も違っているところは覚えておいた方がいいですね!

まとめ

ということで、今回購入したCatch the Writingと過去に購入したライティング商材を比較してみました。

アフィリエイトで稼いでいる方にとっては、成約率の高い記事を書くことが収入に結び付くと思うので、今回の比較を参考にお気に入りのライティング教材を手に入れてほしいですね!

わたくしもWebライターの傍ら、自分のブログで数十万の稼ぎを得ることもできているのはライティング様様だと感じております。ではっ!

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

パソコン一台で稼ぐイラスト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. さく より:

    Catch the Writing 3日間限定 特別価格キャンペーンのリンクってどちらですか?

    1. 本能ハック編集部 本能ハック編集部 より:

      さくさん、コメントありがとうございます!
      確認が遅くなってしまい申し訳ありません。現在はページ上部から見られると思います。
      お手数をかけて申し訳ありませんでした。< (_ _)>

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください