スーツに合うメンズシューズおすすめブランド12選!【一生使える】

 2017/04/09 4.毎日の楽しみ方
この記事は約 13 分で読めます。
EdwardGreenDover

30代にもなれば、いわゆる「高級靴」を1足くらいは持っておきたいものです。

編集長
30代に入った方であれば、既に1足は持っていますよね?

え…?そもそも「いい靴」がなんだかわからない?そんな声が聞こえてきたような…。

それでは今回は、おすすめのメンズビジネスシューズブランドを12個お伝えします。さらに僕が先輩から教えてもらった格安で高級靴を履く裏ワザも…。(ワクワク)

靴選びが重要な理由

そもそも、「人気ビジネスシューズ」というところであえて「格安」とか「激安靴」を紹介しないのには理由があるんです。

ファッションに関心がなくても、せめて靴はいいものを履いてください。

どんな靴がいいのかはこの記事を読めば十分わかるので心配はいらないとして、”靴さえ”いいものを選んでおけば、いろんな意味で「安心」と言える理由があるんです。

例えば、靴選びに関してこんな名言があります。

ジョージ・フレイザー
その人が服に気を配っているかは、靴を見ればわかる。

この言葉は、非常にオシャレな社会人類学者ジョージ・フレイザー氏の発言です。
そう、靴に気を配っていれば、男性からも女性からも「身なりを気にしているんだ」ということが伝わるんです。すごい力を持っていますよね。

ココ・シャネル
A woman with good shoes is never ugly.
よい靴を持つ女は、決して醜くならないものよ。(Coco Chanel)

こちらは、かの有名なハイブランド「シャネル」の創業者、ココ・シャネルの靴に関する名言です。

これは、男性にも当てはまりますよね。「最低限、靴に気を配れば醜くない」ということです。

ということで、ただの人気ビジネスシューズを紹介しない理由がお分かりいただけたでしょうか?

それでもかたくなに「安ければいいよ」「みんなが履いている適当なのでいいよ」という考え方をお持ちの方は、楽天の人気ビジネスシューズランキングにでも行ってください。

少しでも「靴には気を配ってみようかな?」と思った方は、ぜひ以下の記事を参考に「一生ものの靴」を探してみてくださいね。

30代の人気ビジネスシューズランキング

それでは、一目置かれる大人メンズの人気ビジネスシューズを見てみましょう!

ここでは、コスパと人気を考えて「買いやすい&買うべきランキング」にしてみました。

順位 ブランド名 特徴
1位 クロケット&ジョーンズ 高級靴でもあり、何とか購入できる価格帯
2位 スコッチグレイン 日本製で、靴の形がきれいで高級感がある
3位 リーガル リーガルの2~3万の価格帯のコレクションは最強

一生もののイギリス靴ブランド

「一生もの」と言われて、世界の靴愛好家に親しまれている靴の多くは、イギリスのノーザンプトンというところで製造されています。

靴の世界では「高級靴」というくくりですが、最高級の靴でも100万円あればお釣りがくるので、極めても面白い世界かもしれないですよ。

ちなみに、男の趣味で人気の「車」の市場最高値は、ランボルギーニの4億4000万円/1台。そう考えると、最高級の靴って手が届きやすいと思いません?(笑)

クロケット&ジョーンズ

クロケット&ジョーンズは、イギリス靴の中でも安定供給されている質実剛健なブランドです。

 

形も攻めすぎず、コンサバ系なのでどんなスーツにでも合います。今は新宿伊勢丹メンズ館や、各セレクトショップで購入することができます。ダブルネーム(別注)になっていることも多く、30代であれば1足は持っておきたいブランドです。

チャーチ

チャーチのロゴ

チャーチはイギリスのブランドの中でも、独特なブランド魂を見せてくれています。

 

現在は、イタリアのプラダの傘下に入っているブランドで、イタリアの品を取り入れた靴の形になってきている点も評価されているようです。靴の形はロングノーズまでは行かないものの、洗練されてきているイメージがあります。

エドワードグリーン

エドワードグリーンロゴ

エドワードグリーンは、イギリス靴の中で下で紹介している「ジョンロブ」の次に高級な靴です。

 

画像で紹介しているのは、靴好きなら誰もが知っているといわれる「ドーヴァー」という人気モデルです。現在日本円では13万ほどしますが、壊れない靴としても有名です。

ジョンロブ

ジョンロブロゴ

ジョンロブは、靴のポルシェとも呼ばれている高級靴ブランドです。

イギリス産の靴の中ではフランスの品も感じられるフォルムが特徴で、高級ホテルなどではジョンロブを履いているだけでサービスが変わるとも言われている靴です。

チーニー

チーニーロゴ

チーニーは、比較的手軽にイギリスのブランドを履きたい人にピッタリです。最近、「JOSEPH CHEANY&SONS」というブランド名に変更になったようです。

現在はビームスやトゥモローランド、ユナイテッドアローズなどのセレクトショップでも購入することができます。高級ブランドの中でも手が出しやすい価格帯です。

グレンソン

グレンソンロゴ

グレンソンは、靴好きの人が見ると「安定」とか「目立たないけどわかってる」という印象のブランドです。

「人気ブランドでほかの人と被りたくない…」という方は、グレンソンを選んでみると間違いないと思います。

アルフレッドサージェント

アルフレッドサージェントロゴ

アルフレッドサージェントは、1899年創業のイギリス靴ブランドです。

上で紹介したブランドより、価格帯は低め。コスパ重視の人がイギリスの質実剛健な靴を探すとしたらここのブランドがいいと思います。

ガジアーノ&ガーリング

ガジアーノガーリングロゴ

ガジアーノ&ガーリングは、「エドワードグリーン」と「ジョンロブ」のOBの2人が作ったブランドで、ビスポークシューズ(オーダーメイドシューズ)のような品が特徴です。

イギリスの最高級ブランドが2つ合わさっている感じなので、価格帯はおそらく一番高いです。

でも30代でこの靴を履いていたら、間違いなく「この人は違う」と思われるブランドだと思います。

有名靴ブランド

イギリス靴ではありませんが、日本で購入できる「優良靴」をご紹介します。

たぶんあなたものご存知の、あの日本ブランドも「オススメ」ですよ。

スコッチグレイン

スコッチグレインロゴ

スコッチグレインは、東京の墨田区に本社がある「ヒロカワ製靴」がプロデュースする本格革靴ブランドです。

 

日本のブランドながら、そのつくりやスタイルは「イギリス靴」と「イタリア靴」のミックスで、靴付きにも非常に評価が高いです。

価格もインポート靴と比べてかなり安いので、最初に買うビジネスシューズとしても安心です。

ヤンコ

スペイン靴ヤンコロゴ

ヤンコはスペインの靴ブランドなので、インポートシューズになります。でも驚くべきはその値段!

5万以下でもかなりのクオリティのドレスシューズが手に入ります。形も奇抜なものはなく、王道なデザインなのでどんなファッションにでも合わせやすいコレクションが多いのも特徴。

三陽山長

三陽山長ロゴ

三陽商会のプロデュースする、国産の高級靴ブランドです。

カッコイイのはブランド名と、ブランドロゴですね。飲み会の席とかで靴を脱いで、靴の中の刻印が三陽山長だったら「この人デキる!」って思ってしまいそうです。

靴の品質も10万以上する高級靴と変わらないのに、価格が2分の1くらいで買えるものも多いのがいいところです。

リーガル

リーガルロゴ

日本のメンズファッションで知らない人はいないであろう靴メーカーです。

「リーガルなんて安っぽい」と言われてしまうことがあるかもしれませんが、そういう人はわかっていないです。

今は30代・40代のファッション誌にも定期的に取り上げられているリーガルは、「値段」「品質」「壊れにくさ」などでほかのブランドを霞ませてしまうほどの実力を持っています。

ビジネスシューズは「最低限リーガル」かつ「やっぱりリーガル」という感じで、これ以下もこれ以上も買わなくていいくらいオススメなブランドです。

次のページでは、選ぶべきでない安いビジネスシューズの4つの特徴をご紹介します。

安いビジネスシューズをおすすめしない理由

人気のビジネスシューズブランドをご紹介したところで、なぜ安いチープな靴を履くことをおすすめしないのか、改めて考えたいと思います。

1万円以下の靴はアリなのか?

靴は3万円~が、見た目も品質も安心な価格帯だと思います。

ただ、靴流通センターや楽天市場などで売られている靴が全くダメということでありません。

1万円以下の靴でもいいのはあると思いますが、知らない人にはその見分けがつきません。1万円以下でも、以下のものを選ばなければ「まぁいいんじゃない?」くらいにはなります。そのポイントは、

  • つま先がとんがりすぎていないか?
  • 靴のデザインが奇抜ではないか?
  • 甲のところに余計なものやシワがついていないか?(餃子靴ともいわれる)
  • 靴裏(ソール)の材質が柔らかすぎないか?

この4点に注目してください。画像でいうと↓の感じの靴です。(画像は楽天市場の激安シューズ店より)

写真で見ると、安さ全開でダメダメですね。こんなの履いていたら男の終わりです。

ただ、安い靴はなぜか「選んではいけない靴」にマッチしていることが多く、ビジネスシューズ初心者の人は価格の安さだけでこんな靴を選ばないでほしいです。

雨の日用に1足

1万円以下の靴でも、土砂降りの日に履くくらいだったらアリかもしれません。

ただ、雨の日に履く靴は「黒色」にしてください。本革であっても合皮でも、茶系の靴は雨染みが目立ってしまうので、黒いシンプルなビジネスシューズを選んでくださいね。

高い靴と安い靴の違い

高い靴を履くと、一番変わるのは「気分」です。(笑)

既に書きましたが、他の人は思っている以上に「足元」を見ているんですね。「自分がいい靴を履いている」というのは、それだけで自信につながって、自分が魅力的な男性に思えてきます。

「高い靴」と「安い靴」はたった数万円の違いですが、コートやスーツにお金をかける以上にその人の「内面の自信」を高める効果があると思います。

後の違いは、「磨いた時にわかる革の質の違い」「ビジネススタイルに合うデザインの洗練のされ方の違い」「包まれるような履き心地」などがあると思います。安い靴は「壊れやすい」「デザインが安っぽい」「足に本当にフィットしていない」ということがよくあります。

1万円~3万円で薦められるビジネスシューズは

この価格帯でオススメできる、人気ビジネスシューズは、上のブランドでも紹介した

  • スコッチグレイン
  • リーガル

が入ってくると思います。それにプラスしてご紹介したいのが

  • セレクトショップオリジナルシューズ
  • トレーディングポスト

です。

UnitedArrowsやBeams、Tomorrowlandなどの「セレクトショップ」で売っているドレスシューズは、コスパが高くあまり他の人と被らない特徴があります。価格は2万~4万前後です。

ショッピングビルによく入っている「UnitedArrows Greenlabel Relaxing」では、オリジナルシューズとして「ジャランスリワヤ」というインドネシアのブランドを扱っていますが、外国製の靴が3万以下で買えてしまうのは本当に驚きです!

また、国内の「靴のセレクトショップ」であるトレーディングポストの靴も、コスパ抜群と言われていて、靴好きの人は外せないショップです。

「安いのに良い靴」を他の人と被らない形で手に入れたかったら、セレクトショップで靴を買うのがオススメです。「町の靴屋さん」とか「量販店」は本当にハズレが多いので注意!

ビジネスシューズについて知りたい4つのコト!

最後に、ビジネスシューズ購入を検討しているあなたに役立つ4つのポイントをご紹介します!

①ビジネスシューズの種類一覧

 

この画像を見てもらうと、分かりやすいと思います。下に行くほどフォーマルなデザインです。

若者向けと年配向けの違いは、「つま先のデザイン」が大きいと思います。どんなデザインなのか、細身なのかぽってりなのか…で印象がだいぶ変わります。この靴の基本的な形を決める型のことを「ラスト」と言います。

②つま先のデザインはどれがいい?

ドレスシューズのスタイルリスト

初めて買うのであれば、

  1. 黒のオックスフォード(内羽根)ストレートチップ
  2. 茶系のダービー(外羽根)Uチップ
  3. 黒か茶系のダブルモンクストラップ

この順番で買うといいと思います。つま先のデザインは、シンプルなほどフォーマルです。

③一足あると変わる!スエード靴を買うべき5つの理由

 
ビジネスシューズでスエード靴を履いている人はまだ少数です。でも「オシャレなビジネスシューズ」ということであれば、スエード靴に挑戦してみてください!

スエード靴がビジネスでも人気の理由として、以下の5つの理由があります。

  1. 雨に強い
  2. お手入れがブラッシングだけで簡単
  3. 他の人と被らない
  4. オンオフどちらも使える
  5. 主張しすぎないオシャレ感

上の画像でも、ちょっとあか抜けたビジネススタイルになりますよね。ドレスコードに問題が無ければ、おすすめです。

④ビジネスシューズをオフスタイルで履く方法

ビジネスシューズをオフスタイル、つまりカジュアルで履くには少しコツがあります。

まず、「安いビジネスシューズ」は絶対にオフで履いてはダメです。全体的にチープになります。だったらスニーカー履いていたほうが安全です。ある程度見栄えのする茶系の靴は、ビジネスだけでなくカジュアルに履きこなすことができるので、試しにカジュアルの場面で履いてみてください。

ポイントは茶系を選択することです。上で紹介した「茶系スエード」は本当にカジュアルにも履きやすくてオススメです。

靴の形は、一番のオススメはチャッカブーツです。

茶色のチャッカブーツとジャケットスタイル

こんな形で着こなせたら、30代の品格があるコーディネートを楽しめそうです!

人気ビジネスシューズを安く買う裏技

今回は、30代以降で履くべき人気のメンズビジネスシューズとそのブランドをご紹介しました。

東京に住んでいれば新宿や伊勢丹で揃いますが、地方に住んでいるとちょっと難しいかも…。もしくは高くて手が出ない、という方もいらっしゃると思います。

そんな時は「フィッティングだけは店舗で、足に合う型番とサイズを控えて、購入はオークションやネット通販」という裏技を使うと、足にピッタリ合う靴を格安で手に入れることが可能です。

紹介したブランドの靴は「型番」が定番のものなので、ネット検索すると意外と安く売っているんです。衛生メインで不安であれば、靴の完全洗浄をしてくれるサービスもあるので、どんな靴でもキレイな状態で履くことができます。

中古で買って、靴の完全洗浄をすると高級ブランドのシューズも安く履けます。ぜひ試してみてくださいね!

関連:いつものコーディネイトに飽きた!そんな時、ブランドネクタイ借り放題サービスはどう?▽

\ SNSでシェアしよう! /

本能ハックの注目記事を受け取ろう

EdwardGreenDover

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

本能ハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!